お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

責任感が強い人の特徴とは? 長所として自己PRするコツも紹介

Shion

就職活動や転職活動で「責任感が強い」ということをアピールしたいと考える人はいるでしょう。では、どうすれば効果的に伝えることができるのでしょうか? この記事では、責任感がある人の特徴や責任感の強さを長所として自己PRする時のコツなどを紹介します。

就職活動や転職活動の面接などで「責任感が強いこと」をアピールポイントにする人はいるでしょう。

しかし、実際に責任感の強さをアピールしようとすると、どんなことを言えば良いか思いつかなかったり、思いついたとしても「ありきたりだな」と悩むこともあるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、まず「責任感」の意味と責任感が強い人の特徴を確認し、その上で自己PRする時のコツを紹介します。

そもそも「責任感」の意味とは?

「彼は責任感が強い」など、「責任感」という言葉はよく見聞きしますよね。しかし、「責任感」とはどのような意味なのか、しっかり理解できていない人もいるかもしれません。

「責任感」を辞書で調べると、以下のように記載されています。

せきにん‐かん【責任感】
自分の仕事や行為についての責任を果たそうとする気持ち。「―の強い人」

(『デジタル大辞泉』小学館)

ちなみに、「責任」には以下の意味があります。

せき‐にん【責任】
1 立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての―がある」「―を果たす」

2 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。「事故の―をとる」「―転嫁」

3 法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上の制裁を受ける負担。主要なものに民事責任と刑事責任とがある。

(『デジタル大辞泉』小学館)

仕事で使う「責任」は、主に上記の1と2が当てはまります。

これらを踏まえると、「責任感」とは「自分の義務を果たそうとする気持ち」「自分がしたこと、特に失敗の責任を果たそうとする気持ち」であるといえるでしょう。

次ページ:責任感が強い人の特徴

SHARE