お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

シャイな男性が好きな人に取る態度7選。アプローチ方法も解説

雨乃あじさい

シャイな男性はなかなか感情を表に出さないので、態度から脈ありか脈なしか見分けるのが難しいですよね。本記事では、シャイな男性が好きな人に見せる態度と、おすすめのアプローチ方法を紹介します。

シャイな男性に片思いしていると、気持ちを読み取りにくくて「脈なしなのかな」と不安になることがあるかもしれません。

確かに、シャイな男性は女性に対してあまり大胆なアタックや好きアピールをしない傾向があります。

しかし、分かりにくいなりに脈ありサインを出している可能性はあります。もしかしたら、あなたはそのサインを見逃しているのかもしれません。

そこでこの記事では、シャイな男性が好きな人に取る態度と、シャイな男性を振り向かせるためのアプローチ方法を解説します。

シャイな男性の特徴

シャイな男性には、以下のような特徴があります。

(1)とにかく控えめ

シャイな男性は、周囲から注目されると照れて動揺してしまい、居心地が悪いと感じる傾向にあります。そのため、自分が話題の中心になることはあまり望まないようです。

できるだけ目立たないように振る舞って、自分に注目が集まりそうな時はその場にいる他の人を立てて、さりげなく話をそらせるようなところもあります。

自信のなさが原因でシャイになっている男性の場合、相手から受け入れてもらえないことを恐れている可能性があります。

そういった男性は、自分の意見を主張してみんなから拒否されるより、場の雰囲気を崩さないように人に合わせることを選びがちです。

そのため、シャイな男性は周囲に控えめな印象を与えやすいのでしょう。

(2)マイペース

シャイな男性の中には、人とワイワイするのが苦手な分、自分の時間を大切にしようとする人がいます。

そのため、周囲が盛り上がっていても気にせずに自分がしたいことをするような、マイペースな面を見せることもあるようです。

(3)心を開くまでに時間が掛かる

シャイな男性は、他人に心を開くまでに時間が掛かる傾向にあります。

「あの人きれいだな」「かわいいな」と好意を抱いても、すぐに心を開いて何でも話せるわけではないのです。

つまり、彼があなたに好意を抱いていたとしても、接している時間が短ければ心を閉ざされているように感じてしまうかもしれません。

(4)なかなか話しかけてこない

シャイな男性にとって、好きな人に話しかけるのはとても勇気がいることです。

何とも思っていない相手に対しても、自分から話しかけるのはハードルが高いのですから。好きな人ならなおさら、何を話そう、いきなり話しかけて迷惑がられないかと考えすぎた結果、話しかけられないという事態に陥りがちです。

(5)奥手で自分からのアプローチが苦手

好きな人ができても、シャイな男性はなかなか自分からアプローチができません。

奥手なタイプで、自分のことが好きなのかが分かりにくいでしょう。

次のページを読む

SHARE