お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人が両片思いになる原因は? もどかしい関係を抜け出す方法

シシィ

両片思いとは、両思いなのにお互いが片思いだと思い込んでいる状態のこと。恋愛経験が浅い学生ならではの現象かと思いきや、実は大人だからこそ両片思いになってしまう場合も多いのです。今回は、大人の両片思いの原因と対処法を解説します。

両思いにも関わらず、お互い相手の好意に気づかない「両片思い」。恋愛に不慣れな学生ならではの現象かと思いきや、実は大人だからこそ両片思いになることがあります。

大人が両片思いになる原因は、それぞれの置かれた立場やこれまでの経験が背景にある場合が多いようです。

今回は、大人の両片思いの原因と対処法を解説します。もどかしい関係から抜け出すための手がかりにしてくださいね。

大人が両片思いになる原因

大人が両片思いになる原因としては、次のようなことが挙げられます。

(1)過去の恋愛により消極的になっているから

大人になると、過去に失恋をしたり思いが実らなかったりなどの苦い恋愛経験がある人も多いのでは? そうした経験を引きずった結果恋愛に対して消極的になり、両片思いになってしまう可能性があります。

どちらかが「またつらい思いをするくらいなら現状維持で良い」と考えている限り、たとえ両思いの相手同士でも関係が進展しない場合も。

相手の好意に気づいていても、以前のように失敗するのではと不安になり、両片思いに甘んじてしまうわけです。

(2)仕事への影響を考えて告白しにくいから

大人の場合、両片思いの相手が同じ職場の人だと、仕事へ影響が出る可能性を考えて告白に踏み切りにくいという側面があります。

万が一振られたら相手と気まずくなり、仕事がやりにくくなります。また、もし交際に至ったとしても、その後相手と別れる可能性も考えられます。

お互いに何となく脈ありだと気づいていても、仕事への影響を考えた結果、両片思いになってしまうのかもしれません。

(3)相手が既婚者の場合があるから

両片思いをしている2人がフリーだとは限りません。どちらかに恋人や配偶者がいることが、両片思いの原因になる場合も。

大人の場合、既に結婚している人も少なくありません。結婚相手と心が離れてしまい、他に好きな人ができてしまう時もあります。

このようなケースでは、たとえ脈ありだと感じたとしても、関係の進展を避けようとする心理が働くことで、告白をせずに両片思いになってしまう場合があるでしょう。

(4)相手の感情が読み取りにくいから

両片思い同士は、つい相手を目で追ってしまうため、目が合いやすいものです。学生の頃なら、つい熱いまなざしを向けて見つめ合ってしまうシーンかもしれません。

しかし、大人の場合、職場では仕事モードに徹する人が多いもの。感情を隠すのが良くも悪くも上手になっているのも、大人ならではです。

このように、大人の場合は言動から相手の気持ちが読み取りにくいために告白へ踏み切れず、両片思いになりがちです。

次ページ:大人の両片思いの特徴

SHARE