お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【セルフネイル】マニキュアを長持ちさせる方法は?

BEAUTY MANIA

頑張ってきれいに塗れたネイル、せっかくなら少しでも長持ちさせたいですよね。今回はマニキュアを長持ちさせるコツを紹介します。

セルフネイルでマニキュアを使っている人は多いでしょう。

「プロのネイリストに塗ってもらうと長持ちするのに、自分で塗ると早く落ちてしまう」そんな意見も耳にします。

そこでみなさんが知りたいのは「マニキュアを長持ちさせるコツ」ではないでしょうか。

この記事では、そんなセルフネイルが大好きな方に、マニキュアで長持ちさせる方法を伝授します。まだセルフネイル始めたての初心者の方はもちろん、上級者の方も意外と知らなかったコツがあるかもしれません。

セルフネイルの前に! 注意点を確認

セルフネイルをする前に、いくつかのポイントに気をつけておくことで、マニキュアが長持ちします。

ここではそんなセルフネイルの際の注意事項を紹介しましょう。

マニキュアは古くなっていないか?

マニキュアは爪に塗るものだからとあなどることなかれ!

マニキュアも化粧品なので、古いものになると分離したり、変色したりすることがあります。

また、古いマニキュアは乾くまでが遅く、発色が悪いこともあります。場合によっては、爪に塗った後、除光液で取った時に爪が黄色くなって色素沈着してしまうことも。

セルフネイルでも、マニキュアを長持ちさせたいのであれば、できるだけ新しいものが好ましいですね。

ベースコートとトップコートは用意したか?

ベースコートは爪の発色、凹凸、色ムラを補正する効果があります。

トップコートは乾燥から爪を守る効果と、見た目のツヤ感をアップさせる効果があります。

この2つは、マニキュアを長持ちさせる上でも大切な役割を持っています。必ず塗るようにしましょう。

ルースキューティクル&甘皮処理をしたか?

爪の表面は「ルースキューティクル」という薄い角質の膜に覆われています。

目に見えにくいので見逃してしまいがちですが、お湯でふやかしてウッドスティックなどでこすると、角質のようにポロポロ取れます。

このルースキューティクルや甘皮が残った状態でマニキュアを塗ると、剥がれる原因にもなります。しっかりと処理をしてからマニキュアを塗るようにしましょう。

油分を除去したか?

爪の表面の脂分を気にしたことはありますか?

この脂分をそのままにしてマニキュアを塗ってしまうと、剥がれやすくなってしまいます。

手洗いをしてマニキュアを塗るのも長持ちにつながりますが、ここでおすすめしたいのが消毒用エタノールです。

今、消毒用エタノールが入ったウェットティッシュなども多く販売されていますが、ノンアルコールと書かれていなければ効果があります。

保湿成分が含まれるウェットティッシュは、脂分を除去することができませんので要注意。

次ページ:マニキュアを長持ちさせるコツは?

SHARE