お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Instagram(インスタ)のタグ付けができない原因3つ。対処法を解説

ひらり

インスタでタグ付けできない原因3選

タグ付けはとても便利な機能です。しかし場合によっては、タグ付けができないというアクシデントが起こってしまうことも。

ここからは、タグ付けができない時に考えられる原因を3つ挙げていきます。当てはまるものがないかぜひチェックしてみてください。

(1)相手からブロックされている

インスタでは、投稿を見たり見せたりしたくない相手をブロックすることができます。このように相手にブロックされている場合、タグ付けすることはできません。

相手にブロックされているかを確認するには、相手のプロフィール画面が表示されなかったり、ストーリーや投稿が非表示になったりしていないかをチェックしてみましょう。

また、ダイレクトメッセージを送った時に「既読」マークが付くかどうかも要チェック。いつまでも既読が付かない場合はブロックされている可能性があります。

この場合はタグ付けができないので、無理やりタグ付けしようとせずに諦めた方が良いかもしれません。

(2)相手をブロックしてしまっている

自分が相手をブロックしている場合もタグ付けはできません。

もしかしたら、気づかないうちに相手をブロックしているかもしれません。一度設定画面を開いて確認してみてください。

ブロックしていた場合、解除すればタグ付けができるようになります。

(3)システムエラー、アプリの不具合

タグ付けできない原因がインスタのシステムエラーである可能性も。一度公式サイトなどにアクセスして、システムエラーなどが報告されていないか確認をとってみてください。

また、インスタのアプリ自体に何か不具合が起きている場合も、タグ付けができない可能性があります。

一度アプリを再起動するか、しばらく時間を置いて再度タグ付けしてみてください。

次ページ:インスタでタグ付けできない時の対処法

SHARE