お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Instagram(インスタ)のタグ付けができない原因3つ。対処法を解説

ひらり

インスタのタグ付けに関する基礎知識

最後に、インスタのタグ付けに関して知っておくと便利な基礎知識を紹介します。ぜひ参考にして、タグ付け機能を使いこなしてくださいね。

自分がタグ付けされているかを確認する方法

基本的に、自分が誰かにタグ付けされた場合は通知が届きます。通知はスマホの設定によってはロック画面上で確認できますが、インスタアプリからも確認可能。

ホーム画面の右上にあるハートマークをタップすると、アクティビティ画面になります。タグ付けされている場合、この画面で通知を確認できますよ。

インスタ タグ付け

また、自分のプロフィール画面を開き、「吹き出しと人型」のアイコンをタップすると、今まで自分がタグ付けされた投稿を一覧で確認することができます。

インスタ タグ付け

自分がタグ付けされるのを制限する方法

自分がタグ付けされた時に、事前にその投稿を確認して承認か非承認を設定できる機能もあります。

自動で承認されてしまうと、タグ付けされた投稿が自分のフォロワーにも公開されます。

予期せぬ投稿をフォロワーに見られてしまうのが心配な人は、以下の手順でタグ付けを手動承認に設定しておくのがおすすめです。

1.ホーム画面右上のメニューマーク(3本線)をタップ。「設定」→「プライバシー設定」の順に選択する。

インスタ タグ付け

2.「投稿」をタップし、下の方に出てくる「タグ付けを手動で承認」をオンにする。

インスタ タグ付け

また、この画面で「タグ付けを許可する人」を「フォローしている人」のみにしておくと、自分がフォローしている人以外からはタグ付けされることがなくなります。

次ページ:タグ付けされるのが嫌な人もいるので要注意

SHARE