お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【インスタグラム】位置情報を追加・設定する方法

「Instagram(以下インスタ)でおすすめの場所を紹介したい」と思った時に、ぜひ使ってほしい機能といえば「位置情報」。おすすめの場所やお店などを簡単に紹介できる機能です。今回は、インスタの位置情報を追加、設定する方法について説明します。

※本記事に含まれる情報は2021年9月時点のもので、バージョンアップなどで内容が変わることがあります。

 

おしゃれな場所やおいしいお店など、みんなに紹介したい時に便利な「位置情報」。どのように設定するのか、どんな使い方があるのか知らない人は多くいます。

今回は、位置情報の設定方法を紹介します。

インスタの位置情報機能とは

まずは、位置情報機能の基本的な情報から見ていきましょう。

投稿に位置情報を追加できる機能

ストーリーズ(以下ストーリー)などを投稿する時に、位置情報を付けることができます。

位置情報は自分がどこにいるのかを簡単に共有できる機能ですが、単に自分のいる場所を共有するだけではありません。

おしゃれで面白い位置情報やカップルらしい位置情報など、多くの場所を追加できます。

これらは、自分のいる場所を発信しているわけではなく、自分たちの楽しさ発信や人の目に留まるために使われます。

人の目を引くる投稿をすることで「いいね」の数も増えていくでしょう。

デフォルトでは「オフ」の状態

位置情報の設定は、デフォルトではオフの状態です。位置情報を使いたい場合は、自分で設定を変更する必要があります。

スマートフォンの「設定」を開き、「プライバシー」を選択、「位置情報サービス」の中から「インスタ」をタップします。

「位置情報の利用を許可」の画面には、「なし」「次回確認」「このAppの使用中のみ許可」があるので、「このAppの使用中のみ許可」を選択します。

一度設定をオンにすることで、その後はオンの状態が続きます。

次ページ:位置情報はどう設定する?

SHARE