お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人と友達に取る態度の違いは? 友達止まりからの脱却法

夏目椿(夏椿)

仲の良い相手を好きになった時、相手にとっての自分は「友達止まり」なのか、「好きな人」なのか気になってしまいますよね。では、多くの人にとって、友達と好きな人の違いは、どんな部分にあるのでしょうか。相手の態度から探っていきましょう。

好きな人ができたら、相手にどう思われているか気になりますよね。ただの友達なのか、それとも脈ありなのか。

そこで今回は、多くの人が「好きな人」と「友達」に取る態度の違いを徹底分析。友達止まりの関係から一歩前進する方法についても解説します。

自分は、友達or異性、どちらに見られている? 気になる関係性をチェックしてみましょう。

「友達止まりの異性」と「好きな人に取る態度」の違い

一般的に、友達だと思っている相手に対し、人はどんな態度を取るのでしょうか。

自分ばかり意識していて、相手からは何とも思われていなかったという結末は嫌ですよね。

ここでは、好きな人と自分が「友達なのか、そうでないのか」について、相手の態度から客観的に分析していきましょう。

「友達止まりの異性」に取る態度とは?

まずは、人々が「友達止まりの異性」に見せる態度から見ていきます。

(1)ノリが良くたくさんしゃべる

多くの場合、友達には、同性の友達と話すようなノリで冗談を言ったり、考えなしにペラペラしゃべったりする傾向があります。

愚痴や過去の恋愛話、失敗談を話すなら、あなたのことを異性と思って接していない可能性が。友達だからこそ、見栄を張らずに話せる部分がありそうです。

(2)異性を意識しない部分で褒める

異性の友達を褒める場合、仕事や知識など、異性として意識していない部分が目につきやすいです。

髪型や服装を少し変えても、友達としか見られていないので気づいてもらえない傾向があるでしょう。また、友達だと思っている相手のそんな部分を褒めるのは気恥ずかしい、という人も多いはずです。

褒めるポイントから、あなたを好きな人として見ているのか、友達として見ているのかが何となく分かってきそうです。

(3)用事がある時だけ連絡してきて返信は遅い

あなたも、友達には、用事や報告がある時だけシンプルで短い連絡を送るのではないでしょうか。そのため、やり取りは長く続きません。

一方、好きな人とは仲を深めたい理由から、何気ない内容の連絡を送り、やり取りを続けようと努力する人が多いはずです。

ただし、暇な時や急ぎの用事がある時は返信が早くなることもあるので、そこは見極めの際に注意が必要。

また、友達止まりの相手には気を使わず、LINEやメールを送る前に読み返さないので誤字脱字や打ち間違いが多いという傾向もあるかもしれません。スタンプや絵文字が少なかったり、いつも同じ物しか使っていなかったり、文章のみだったりもするでしょう。

(4)会う場所は気楽なお店が多い

自分が相手にとっての好きな人なのか、友達なのか、そのヒントは一緒に行くお店にも隠れているかもしれません。

デートではなく、気軽な遊びや飲み会として誘っているので、ラフに入れるファミレスや居酒屋がメインになりがち。会計は、基本的に別か割り勘になるでしょう。

「好きな人」に取る態度とは?

次に、人々が「好きな相手」に対して取る態度を解説します。

(1)控えめで丁寧に話す

好きな人と話していると、嫌われたくないという緊張感があり、普段より控え目になる人もいます。また、話し方も丁寧です。

好きな人には良く思われたいので、失敗談や過去の恋愛話など、自分に関する恥ずかしい話は基本的にしないと言えるでしょう。

(2)よく目で追い、積極的にアピールする

好きな人はついつい目で追いたくなるものです。また、チャンスを逃したくないと積極的にアピールして、距離を縮めようとします。

「最近よく目が合うな」「食事の誘いが多いな」と思ったら、脈ありの可能性が高いでしょう。

(3)異性を意識した部分で褒める

先ほどとは反対に、髪型や服装を変えた時など、好きな相手のことなら、人は気を配ってよく観察しているので、積極的に気づいて褒めます。

「○○さんの髪って綺麗だね」「○○君の指先ってゴツゴツしていて男らしいんだね」など、異性を感じさせる部分を褒めるのは、あなたを好きな人と意識しての発言と言えるでしょう。

(4)連絡頻度が高く返信が早い

好きな人に対しては、連絡の頻度が高く質問も多くなります。何をしているか、何が好きかなど多くの情報を知りたいからです。たくさんやり取りしたいので、返信も早くなります。

文章だけでは冷たい印象を与えるので、LINEやメールの文面にはスタンプや絵文字が増えるケースが多いでしょう。

また、送る前に「嫌われないだろうか」「誤解を与えるようなことを書いていないだろうか」と慎重に読み返すので、誤字脱字や打ち間違いは少なくなります。

(5)おしゃれなお店に誘う

好かれたいので、事前にたくさん調べておしゃれで雰囲気のあるお店にデートとして誘います。

一緒に行くお店の雰囲気によっても、相手の本心を察することができそうです。

次ページ:ただの「友達止まり」から「好きな人」になる方法

SHARE