お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「垢バン(垢BAN)」とは何のこと? 意味や事例を紹介

武田 麻希

SNSやオンラインゲームを使っていると、「垢バン(垢BAN)」という言葉を目にする機会があるかもしれません。しかし「垢バン」は造語なので、意味が分からない人もいるでしょう。ここでは、「垢バン」の意味、垢バンされる例などを紹介します。

SNSやゲームで絡んでいた人が、最近見かけないなと思ったら「垢バン(垢BAN)」されていた、ということはしばしばある話です。

しかし、どこまでが「垢バン」という言葉で表現できるのか、言葉の由来などはよく知らない人も意外と多いでしょう。

そこで今回は、「垢バン」の意味や垢バンされる原因、垢バンされた例などを紹介します。

垢バンとは

ネットスラングとして使われる「垢バン」には、このような意味があります。

垢バン(アカバン)

オンラインのサービスで、運営者からユーザーアカウントを削除され、利用を停止されること。BANとは英語で「禁止」や「権利剥奪」の意。迷惑行為を繰り返すなどの悪質なユーザーに対する強制的な権利行使として行われることが多いとされる。

(『実用日本語表現辞典』)

「垢BAN、アカバン」と書く場合もあります。

「垢」はアカウント、「BAN」は「禁止」や「追放」を意味する英単語です。

一時的な停止で済む場合もありますが、場合によってはアカウントが削除されてしまうこともあります。

垢バンされる原因

垢バンされてしまう場合、大きく分けると2通りの理由があります。

1つは、サービス提供者が作成したガイドラインに違反している場合。

もう1つは、画像や動画、音楽など他社に著作権がある作品を使ってしまった場合です。

次ページ:垢バンされた例

SHARE