お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「日本語でおk」はスレ発祥? 意味や元ネタ

kirara

「日本語でおk」は2ちゃんねるのスレ発祥のスラング。現在もSNSなどで使われますが、意味を知っていますか? 今回は「日本語でおk」の意味や元ネタについて詳しく解説していきます。

「日本語でおk」は、10年以上前から匿名掲示板などで使われているネットスラング。現在もSNSなどで使われており、その意味がいまいち分からず戸惑っているという人も多いかもしれません。

スラングを知ることはSNSや友達との会話を楽しむ1つのカギ! 今回は、「日本語でおk」の意味や元ネタを解説します。

「日本語でおk」の意味とは?

SNSなどで見かける「日本語でおk」という言い回し。何を指しているのか、あなたは説明できますか?

ここでは、「日本語でおk」の意味を解説していくので、ぜひ理解を深めてくださいね。

「意味が分からないこと」に対して使う言葉

「日本語でおk」は「日本語でOK」という表現から派生した語。つまり、「日本語で詳しく説明して欲しい」という意味になります。

例えば、小難しい文章や専門用語が多い説明などに対して「日本語でおk」を使用し、「もっと分かりやすく話して欲しい」という思いを伝える際などに使えるスラング。

また、感情が表に出てしまい、支離滅裂な文章になっている時に「日本語でおk」を使い、「もう少し落ち着いて話して」という意味を表すことも。

「OK」が持つ肯定的なイメージとは反対の意味合いを表しているので、使い方を間違えないようにしましょう。

相手をあおるニュアンスもある

「日本語でおk」に含まれる意味として、「あなたは何を言っているの?」といった相手をあおるニュアンスもあります。

一般常識では考えられないことを長々と説明したり、見当違いのことばかり話していたりする時などに、「日本語でおk」と返事をし、相手を小馬鹿にしていなす使い方です。

「日本語なのに意味が分からない」という意味合いなのですが、使い方次第では相手を傷つけてしまうことがあるため注意が必要です。

「日本語でおk」の元ネタは?

「日本語でおk」の元になったのは、「2ちゃんねる」という匿名掲示板で2005年に立てられた「ウルトラマンが悩みを聞いてあげるスレッド」だと言われています。

スレッドが立った時、ウルトラマンの「ジュワ」を用いた文章で「ジュワ!」「ジュワワワジュワワ、ジュワジュワジュジュワワワワワ?」と会話が進み、そのツッコミとして冷静に「日本語でおk」を書き込まれたことがきっかけで生まれたスラングです。

この一連の流れが秀逸だと話題となり、今と同じニュアンスで当時から「日本語でおk」が使われるようになりました。

次ページ:「日本語でおk」を使う時の注意点

SHARE