お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルのフィルター設定方法とは? 活用術やかからない時の解決策

aoi okamoto

フィルターに関するよくあるトラブルと対処方法

最後にフィルター機能に関連する、よく起こるトラブルの対処法についていくつか紹介します。

Q.フィルターがかからない場合の主な原因は?

フィルターボタンを押しているのにも関わらず、うまくフィルターがかからないケースがあります。

フィルターがかからない要因として、表のどこかに空白の欄があることが考えられます。空欄があると1つの表として認められず、うまくフィルターがかからなくなってしまいます。

この対処法としては、空欄を必ず埋めることです。空欄を埋めることで1つの表として完成し、全体にフィルターをかけることができます。

Q.フィルターのクリアと解除の違いは?

「フィルターが解除できない」というケースも多く見られますが、こちらはフィルターの「クリア(戻す)」と「解除」を勘違いしてしまっている可能性が高いです。

上記で紹介したフィルターのクリア操作だけでは、フィルター機能そのものの解除にはなりません。

フィルター機能自体を解除したい時は以下の手順で操作してください。

1.解除したいフィルターがかかっているセルを選択します。

2.メニューバーの「ホームタブ」から右側の「並び替えとフィルター」内にある「フィルター」クリック(フィルターがかかっている状態だとアイコンがグレーに表示されている)します。

3.フィルターボタンがグレーから白になったことを確認してフィルター解除が完了です。

このように、フィルターのクリアと解除は混同しやすいので、違いをしっかり押さえておきましょう。

フィルター機能を使いこなそう

フィルターの設定方法や、さまざまな条件例を紹介しました。エクセルでは膨大なデータを管理しているので、フィルター機能で該当するデータを素早く抽出するだけでも、業務のスピードが上がります。

数字や日付だけではなく、文字ベースでもフィルターをかけることができるので、ぜひいろいろな場面でフィルター機能を使ってみてくださいね。

(aoi okamoto)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月27日に公開されたものです

aoi okamoto

学生時代に約10ヶ国に渡航。世界中の文化や人に興味を持ち、旅行の感動を伝えたいと思い新卒で旅行会社に入社しました。コロナ禍で「働き方」について考えオンラインスクールである「SHElikes(シーライクス)」にてwebスキルを学習中。旅行やビジネス関連、自己啓発中心に執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE