お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルのフィルター設定方法とは? 活用術やかからない時の解決策

aoi okamoto

エクセルのフィルター機能を使うことで、設定した条件に合う数字やデータを簡単に絞り込み・抽出ができます。今回は、クリアや解除方法なども併せて、フィルターの操作方法を徹底解説します。

仕事上でエクセルを使う業務をしていると、フィルター機能を使用する場面が多くありますよね。

フィルター機能を使うことで、エクセル上の膨大なデータを一度に絞り込み、抽出できます。さらに、条件で絞り込んだデータの表示順を入れ替えることも可能。このように、フィルター機能の使い方を知っておけば、業務効率化につながります。

今回は日常業務で使用するフィルター機能について、基礎から応用方法まで分かりやすく解説します。

そもそもフィルター機能とは?

エクセルでデータを管理すると、膨大な量のデータを扱うことになります。

フィルター機能とは、その膨大な量のデータに条件つけて一気に絞り込み、抽出できる機能のことです。

実際の業務を行う上でも使用する頻度が高いフィルター機能を使いこなすことで、業務は格段に効率化します。

フィルター機能を使えばデータ管理が楽になる

フィルター設定できる条件はさまざまで、日付や数値で絞り込むパターンから文字で絞り込むパターンなどがあります。

実際の仕事で「7月分だけの売り上げ実績のデータを調べておいてほしい」なんて指示があったとしても、フィルター機能を駆使し、月だけに条件設定をして7月分を抽出すれば一瞬でデータを出せます。

このようにフィルター機能を使いこなせば、データの管理がスピーディーかつ楽になるのです。

フィルターの設定方法

では実際にフィルター機能を使うためにはどのような設定が必要なのでしょうか。
設定から解除の方法まで押さえていきましょう。

フィルターの設定方法

フィルター設定は次の手順で行います。

1.フィルターを設定したい表を用意します。

2.フィルターを設定したいセルを選択します。

3.メニューバーの「データタブ」から「フィルター」ボタンを選択します。

4.3までの設定を行うと、選択したセル内に「▼」が表示されます。これでデータを絞り込む準備ができたことになります。

5.表示された▼をクリック。

6.並び替えの条件や絞り込む項目がいくつか表示されるので、該当する条件を選択します。

7.該当するデータのみだけが抽出されるので、フィルター設定完了です。

フィルターのショートカットキーは?

フィルター機能の設定にはショートカットキーがあります。フィルターを作成する(▼を表示させる)ショートカットキーは「Cntl+shift+L」になります。

また▼ボタンを押さなくても、条件項目を表示させるショートカットキーもあります。「Alt+↓」で項目を表示させることが可能ですので、一度試してみてください。

ショートカットキーはわざわざボタンをクリックする必要がないので、覚えておくと便利です。

フィルターをクリアにする方法

フィルターの設定方法を理解できたら、次はフィルターをクリアにする方法(絞り込みを元に戻す方法)についても知っておきましょう。

「○○からフィルターをクリア」を選択

1つは設定時と同様に、▼ボタンを押して並び替えや条件項目を表示させます。

表示させた項目の中にある「○○からフィルターをクリア」(○○は設定している条件)をクリックすると、自動的にかかっていたフィルターがクリアになり、データが全て表示されます。

データタブからクリアにする

もう1つの方法はメニューバーから設定する方法です。

データタブを開き、「フィルター」の右隣にある「クリア」を押してもフィルターを戻すことができます。

次ページ:フィルターで設定できるさまざまな条件

SHARE