お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「それな」の意味は? 使い方や類語表現

kirara

若者を中心に使われている「それな」は、SNSだけではなく幅広い場面で使われるようになりました。本記事では、若者言葉「それな」の意味や使い方、類語表現などを詳しく解説します。

SNSやラインなどの返事として使われている「それな」は、簡単な表現である一方さまざまな内容を表した言葉です。

ただ、汎用性が高すぎて、意味や使い方が合っているのか不安になる人も多いですよね。

そこで今回は、「それな」の意味や使い方を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

「それな」の意味と使い方

SNSやインターネットで若い世代の人がよく使っている「それな」ですが、どんな場面でも使われているからこそどんな意味なのか分かりづらいですよね。

そこで、まずは「それな」が示している意味や使い方をチェックしていきましょう。

「相手の意見に同意する」意味を持つ言葉

「それな」は「相手の意見に同意する」という意味を表す言葉。

「自分も同じように思う」「その通り」のような返し方と同じ意味で使われており、こうした自分の気持ちを端的に表現できます。

また、SNSやLINEなどでは表現しづらい相づちとしての役割もあり、コミュニケーションを円滑にさせる言葉としても使用します。

使い方は「それな」のみ

「それな」の使い方は、相手の意見や話している内容に対して「それな」と返すだけでOKです。

「それなー」と語尾を伸ばして、よりゆったりとしたニュアンスを加えることはありますが、「それな」の形を変えて使うことはありません。

また、「それな」だけだとやや淡白な感じになるので、顔文字や絵文字などを付けてより同意の強さを表現することもあります。

例文

・A:○○部長の言ってることが分かりづらくてさー。
 B:それなー

・A:彼氏が女の人と2人で飲みに行くとかありえないくない?
 B:それな!

意見の内容を問わず使える

「それな」が対象にしているのは「相手の意見」であって、その内容がポジティブ内容でもネガティブな内容でも使うことができます。

例えば、恋人や仕事などでの愚痴に対して「それな」を使うと、「自分も同じ境遇だった」のように慰めや同情のニュアンスが加わります。

ただ、深刻な内容を話している時に「それな」と一言で返されると良い気分にはならないため、会話の内容によっては使わない方が良いでしょう。

また、「それな」の後に、自分の意見を加えることで会話が広がりやすく、内容の濃い会話を楽しめます。

そのため、興味のあることや相手の心情によっては「それな」だけで返さないようにするのが良いでしょう。

次ページ:「それな」の類語

SHARE