お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「それな」とは? 意味や使い方・「あーね」との違いを解説

kirara

かつてネットの言葉として流行語となった「それな」は、「だよね」のように同意を意味します。今回は「それな」の正しい意味や使い方を分かりやすく解説。併せて、元ネタや類語「あーね」との違いを説明します。

SNSやラインなどの返事として使われている「それな」は、簡単な表現である一方さまざまな内容を表した言葉です。

ただ、汎用性が高すぎて、意味や使い方が合っているのか不安になる人も多いですよね。

そこで今回は、「それな」の意味や使い方を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

それなとは? 意味と使い方

SNSやインターネットで若い世代の人がよく使っている「それな」ですが、どんな場面でも使われているからこそどんな意味なのか分かりづらいですよね。

そこで、まずは「それな」が示している意味や使い方をチェックしていきましょう。

「相手の意見に同意する」意味を持つ言葉

「それな」は「相手の意見に同意する」という意味を表す言葉。

「自分も同じように思う」「その通り」のような返し方と同じ意味で使われており、こうした自分の気持ちを端的に表現できます。

また、SNSやLINEなどでは表現しづらい相づちとしての役割もあり、コミュニケーションを円滑にさせる言葉としても使用します。

「それな」の元ネタは?

「それな」は2012年の『女子中高生ケータイ流行語大賞』の9位になった言葉です。そう考えると、息の長いネットスラングですね。

明確な出典はありませんが、「それな」の元ネタは、関西弁で同意を意味する「せやな」から来ているのではないかといわれています。

それが2ちゃんねる(現5ちゃんねる)やTwitterなどで使われるようになり、一般的に定着するようになったのでしょう。現在ではテキストで使う以外にも、口語で「それな」を使う人も少なくない印象です。

「それな」と「あーね」の違い

同意を表す若者言葉には「あーね」というものもあります。これは、「あーなるほどね」「あーそうだよね」といった言葉の略語で、「相手の意見に納得や理解をしたこと」を表す返事です。

完全に同意していなくても、相手の意見に納得したり理解できたりする部分があれば使えるので、「あーね」の後に反対するような意見を加えることができる点が「それな」との違い。

もちろん、「同意」という意味でも使用できるので、「それな」よりも汎用性が高い返事といえるでしょう。

「あーね」を使った例文

・A:筋肉痛だから、膝の曲げ伸ばしがしんどいんだよねー。
 B:あーね

・A:女の子もいる集まりに参加するとか浮気じゃない?
 B:あーね。でも、一瞬顔出しただけなら、そうとも言えないんじゃない?

▶次のページでは、「それな」の使い方を例文と共にご紹介します。

次のページを読む

SHARE