お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ピックアップ」の意味とは? 日本語と英語の大きな違いに注目

kirara

「ピックアップ」を使う時の注意点

「ピックアップ」には、前述した通りさまざまな意味が含まれています。

そこで、相手に間違った意味合いで伝わらないよう、「ピックアップ」を使う時の注意点を押さえておきましょう。

日本語と英語の意味の違いに注意する

「ピックアップ」の意味の1つである「選出」は、英語の「pick up」の意味とは異なるため、日本以外では通じません。

そのため、海外の人や日本語に慣れていない人とやりとりをする時は「選ぶ」という意味での「ピックアップ」は使わないようにするのがベターです。

前後の文章から意味を確定させる

「ピックアップ」を上手に使いこなすには、前後の文章にも注意しましょう。

例えば、「この会社をピックアップ」と表現すると「選出」と受け取られる一方、「この会社がピックアップ」と表すと「好転した」という意味で伝わります。

また、「ピックアップした」「ピックアップしてもらった」のように、「ピックアップ」の後に続く言葉でも、意味合いが変わりますよね。

このように、「ピックアップ」前後の接続詞などを細かく考えて文章を組み立てると、相手に正しい意味を伝えやすくなるでしょう。

さらに、「会社の中から」や「会社の経済状況が」など、意味に合わせた名詞を付け加えることで、意味を確定しやすくなりますよ。

英語で「選出」という意味合いの言葉は「pick out」

前述した通り、英語の「pick up」には「選出する」という意味はありません。「選出」の意味合いで使いたい場合は、「pick up」ではなく「pick out」を使いましょう。

「pick out」には、「拾い出す」という意味の他にも「選び出す」「選ぶ」といった意味があり、カタカナ語の「ピックアップ」と同じ使い方ができますよ。

また、カジュアルなシーンなら、「選ぶ」という意味のある「select」や「choose」も使用できます。

海外の人と話したりメールを送ったりする機会が多い人は、「pick out」や「select」、「choose」といった言葉を覚えておき、スムーズなコミュニケーションを心がけましょう。

次ページ:「ピックアップ」の類語

SHARE