お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】花火の夢の意味とは? シーン別暗示20選

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

人物別「花火の夢」の意味

花火の夢は、一緒に見た人物によっても意味がそれぞれ異なります。夢の中で一緒に花火を見ていた存在はいますか? 思い出してみましょう。

(1)恋人やパートナーと花火を見る夢は「マンネリ」

彼氏や彼女、夫や妻と花火を見る夢は、相手との関係がマンネリ化している現状を示唆しています。

いつもと違うデートコースを回る、2人で旅行計画を立てるなどして、刺激のない日常を打破してみましょう。

(2)好きな人と花火を見る夢は「恋に恋している」

好きな人と花火を見る夢は、その人とうまくいきたいと強く願う願望が高まっている状況を表しています。

しかし、現実的な関係を冷静に見ることができず、恋に恋している状態です。

思い込みで好きな人に突進してしまうと、しつこいと思われてしまう可能性大。アプローチに自信がないなら、好きな人と仲が良く、信頼できる人に仲立ちしてもらうといいでしょう。

(3)元カレや元カノと花火を見る夢は「現実逃避と不満」

元カレ、元カノなど元恋人と花火を見る夢は、現実に満足していない、現実逃避したいあなたの気持ちの暗示です。

新しいことを始めるなどして、日常に刺激を与えてみるといいでしょう。

(4)芸能人と花火を見る夢は「膨らむ理想」

芸能人と花火を見る夢は、^あなたの理想が膨らんでいて、理想と現実が伴っていないことを意味します。

このままだと、理想と現実の差に落胆する可能性大。まずは、あらためて自分自身を冷静に見直してみましょう。

(5)家族で花火を見る夢は「家族関係が良好」

家族で花火を見る夢は、家族の関係が良好になる吉夢です。一緒にご飯を食べに行くなど交流を図ると、より絆が深まるでしょう。

次ページ:時期、場所別「花火の夢」の意味

SHARE