お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「しつこい男性」とのLINEをうまく終わらせる方法

#LINE道場

TETUYA

LINE道場が新しくなって再スタート! 好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックとよくあるLINEのお悩みを、恋愛コラムニストのTETUYAさんが男性目線で解説します!

LINEを使って相手の心をつかみたい、相手と円滑にコミュニケーションを取りたい、と思っても、なんて送ればいいのか悩む女性も多いはず。そんな時に使えるLINEのテクニックを、恋愛コラムニストのTETUYAさんに男性目線で教えてもらいます。

今回は「しつこい男性とのLINEをうまく終わらせる方法」です。

LINEにまつわる悩みのひとつ、

「どこで相手とのラリーを終わらせたらいいの?」

これはLINEをやる以上、誰もがぶち当たる壁だと思います。

気心の知れた相手なら、「早く終わらないかなぁ」や「どうやってこのLINEを終わらせよう」などのネガティブな感情は生まれてこないものです。ですが、苦手な相手となるとこのネガティブな感情が徐々に湧きがってきます(苦笑)。

そんな悩みを抱える女性達に向けて、LINEのやりとりを円滑に終わらせるベストな解決策を考えました。

しつこいLINEを送ってくる男性の心証を気にしなければ、「そろそろLINE終わろうか」「疲れたからそろそろ寝るね」なんて、強気なLINEを送れると思います。ですが、強引すぎる印象を与えて嫌われたら嫌ですよね(苦笑)。

自然とフェードアウトする終わり方を出来ればしたい。そうなると、切り札は、「またね」というワード。

文字で送ると、若干、冷酷なイメージがあるので、LINEの強みであるスタンプを使えば、相手の心証を悪くすることなく会話をストップさせることができます。例えばこんな感じで。

“またね”を意味するスタンプまでもっていく流れとしては、相手のLINEに対して、少し長めで、正直どうでもいいような感想LINEを入れてからの、“またね”スタンプが自然。

短いLINEですぐ“またね”スタンプだと、唐突感がちょっとありますから(笑)。

ここで送る“またね”スタンプには「私はどうでもいい感想を伝えただけだから、リアクションに気を使わないで!」という意味を込めます。

長めのLINEにあまり深い意味や相手への問いかけを入れすぎると、また相手からのラリーが始まってしまうので、ここは個人的などうでもいい感想を入れて上手にラリーを終わらせてみてくださいね。

(TETUYA)

※画像はイメージです

※この記事は2021年05月20日に公開されたものです

TETUYA

小栗旬似の色気のある声で、恋愛に必要な「人たらし」の極意を、音声プラットフォームアプリ「stand.fm」で配信中。「Radiotalk」では、1500件近く寄せられた恋愛相談に、男性目線のアドバイスを配信中。

stand.fm:https://stand.fm/channels/5fec2ddf1f63b1cf681399a7
Radiotalk:https://radiotalk.jp/program/82246
twitter:https://twitter.com/tetuya_1976

この著者の記事一覧 

SHARE