お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マッチ率UP】Tinderのプロフィール作りを徹底解説

もちぽめ

Tinderのプロフィール作成時の注意点

Tinderでプロフィールを作成する時は、Facebook連携での登録と、個人情報の取り扱いに注意してください。

(1)Facebook登録は本名がバレる

Tinderは、Facebookに登録していれば、改めて会員登録をしなくても連携して利用することができます。ただし、Facebook連携で登録すると、Facebookの名前がそのままTinderアカウントの名前になるので注意が必要です。

Facebookは基本的に本名で登録するため、身バレのきっかけになります。また、Facebookと連携している時に名前を変えるには、Facebookの名前も変えないといけません。

(2)個人情報を詳しく書きすぎない

Tinderは、スマホの位置情報を取得して利用するマッチングアプリで、近くにいる人とマッチングできるのが魅力です。しかし、位置情報を共有するからこそ、個人情報の取り扱いには注意しないと、身バレしやすくなってしまいます。

Tinder内には、個人情報を狙う業者会員が潜んでいる場合もあるので、個人情報の取り扱いには十分注意しましょう。住所や職場などが特定できてしまいそうな内容は、記載しないようにしてください。

(3)LINE IDを記載しない

Tinderの自己紹介文に、LINEのIDを記載している人がいます。個人情報であるLINE IDを自己紹介文に記載していると、「課金せずに使おうとしている」「業者かもしれない」とネガティブなイメージがつきやすいです。

個人情報を業者に取られてしまう恐れもありますので、外部の連絡先を記載するのはやめましょう。

次ページ:Tinderのプロフィールは写真と自己紹介文にこだわって

SHARE