お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マッチ率UP】Tinderのプロフィール作りを徹底解説

もちぽめ

Tinderのマッチ率を高めるプロフィール文のコツ

Tinderで最初に目に入るのはプロフィール写真ですが、プロフィール文は写真で気になった相手にLikeするかどうかの判断に使われます。

マッチ率を高めるためには、魅力的な写真と共に、プロフィール文を整えることも重要。ここでは、相手に好印象を持ってもらいやすい自己紹介文の書き方をご紹介します。

(1)ターゲットを明確にする

まず、プロフィールを書き始める前に、どんな人とマッチングしたいのか、ターゲットを自分の中ではっきりさせましょう。こうすることで、自己紹介の書き方の方針が決まります。

例えば、年上の人とマッチングしたいなら「年上が好み」と書いておけば、年上の人からLikeをもらえる可能性が高まります。

(2)自己紹介は読みやすく簡潔に

Tinderは、サクサク出会える気軽さ、スピード感が魅力です。そのため、自己紹介は丁寧に書くよりも、分かりやすく簡潔に書いた方が読んでもらいやすいです。

入力できる最大文字数は500文字ですが、簡潔に100~200文字ほどでまとめるようにしましょう。箇条書きを取り入れると、より分かりやすくなります。

(3)ポジティブな内容にする

「優柔不断な性格です……」などと、ネガティブなことをプロフィールに書いてしまう人がいます。しかし、プロフィールからネガティブ色が伝わってくる人は、そもそもLikeをもらいにくいです。

ネガティブな内容は、ポジティブな言葉に言い換えるようにしましょう。例えば、「優柔不断」⇒「何事にも慎重に向き合う性格」など、言い方を変えるとポジティブな印象になりますよ。

(4)強みは積極的にアピールする

自分が持っている強みを積極的に相手にアピールすることで、マッチング成功につながります。強みは、見た目のことでも経歴や職業に関することでも構いません。

自信があるポイントや、一般的にうらやましがられるようなポイントをアピールすれば、他者と違いが際立ち、目に留めてもらいやすくなります。

(5)「興味」を使いこなす

Tinderのプロフィールには、自身の趣味を登録できる「興味」機能があります。読書、DIY、カフェ巡りなど、自分が興味を持っているものを登録することで、同じ趣味を持つ相手とマッチングしやすくなります。

「興味」は最低3つ、最大5つ設定できます。自身の出会いたいターゲットを明確にし、そのターゲットと共有できそうな「興味」を設定しましょう。

次ページ:Tinderで使えるプロフィール文例

SHARE