お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マッチ率UP】Tinderのプロフィール作りを徹底解説

もちぽめ

Tinderのマッチ率が上がるプロフィール写真の特徴

まず、マッチ率を高めるために重要なのは、プロフィール写真です。TinderはサクサクLikeできるのが特徴のアプリなので、プロフィール写真の良し悪しがマッチ率に大きく影響します。

ここからは、マッチ率を高めるプロフィール写真のコツを紹介します。

(1)プロフィール写真は自撮りより他撮り

プロフィール写真は、自撮りではなく、なるべく他撮りで自然な写真にするのがおすすめです。自撮り写真は、「ナルシストっぽい、友達が少ないのかな?」など、マイナスなイメージを持たれやすくなります。

他撮りの写真をあまり持っていない場合は、集合写真などをトリミングして使うのも1つの手段です。

また、スマホのセルフタイマー機能を使って他撮り風の写真を撮影している人も。何枚か撮影してみて、自然に撮れたものを使ってみてくださいね。

(2)自然な笑顔の写真を使う

マッチ率を高めるためには、「この人となら会っても大丈夫そう」という安心感を相手に持ってもらうことが大切です。アプリでの出会いに不安を感じている人はまだまだ多く、暗い表情だと敬遠されてしまいます。

特におすすめなのは、自然な笑顔の写真です。旅行先で撮った写真や、食事中に友達が撮ってくれた写真など、自然体な表情は初対面の人にも好印象を持ってもらえます。

また、本気でアプリを活用したいなら、思い切ってプロに頼むのも1つの手です。プロが撮影すると、写真の印象が全く変わってきます。

(3)加工は最低限に抑える

最近は、画像加工アプリも進化しており、写真を原型が分からないくらいに加工することもできてしまいます。しかし、明らかに加工されているような写真や、動物の耳がついているようなフィルターをかけた写真は、プロフィールには向いていません。

加工されていると、「本当はどんな顔なのか分からない」と不安になってしまう人も。そもそも、加工が多い写真を嫌う人もいるので、マッチ率を低下させる一因になります。

写真加工は、美肌加工や明るさ調整だけなどあくまでも最低限に抑えましょう。

(4)サブ写真を登録する

Tinderでは、最大で9枚の写真を登録できます。プロフィール写真を設定する時は、メインの写真を1枚だけ登録するよりも、サブ写真を含めて3~4枚設定するのがおすすめです。

顔が分かる写真と体型が分かる写真を複数枚登録すると、相手に自分がどんな人かを想像してもらいやすくなります。

また、趣味の写真やペットの写真などをサブとして登録すると、どんな私生活を過ごしているかが伝わりやすいです。

次ページ:Tinderのマッチ率を高めるプロフィール文のコツ

SHARE