お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

傾聴とは。「話を聞くスキル」を高める心理テクニック

浅野寿和(心理カウンセラー)

「傾聴」とは、相手の話をよく聞いて相手への理解を深める心理テクニック。ビジネスなどの場でコミュニケーションを円滑にするためにとても重要なスキルです。今回は、心理カウンセラーの浅野寿和さんに、傾聴の意味や使い方を解説してもらいます。

「傾聴」とは、相手の話に耳を傾け、相手を感じ、理解することです。今回は傾聴を身に付けるための手法や、そのメリットなどについて詳しく紹介していきます。

傾聴とは?

「傾聴」とはコミュニケーション技法の1つ。相手の話を深く聞いたり、話し方や表情、姿勢、しぐさといった言葉以外の部分に注意を払ったりすることで、相手への理解を深めるテクニックです。

傾聴の技法として特徴的なのは、以下の2つです。

・「受容」

相手の言葉や心理をありのまま受け止め、尊重する姿勢

・「共感」

相手の言葉やその背景にある心情などを共に感じること

傾聴は、アメリカの心理学者、カール・ロジャーズによって提唱されました。彼は傾聴を「積極的傾聴(Active Listening)」と呼び、自らのカウンセリングの事例を分析して、話を聞く側には「3つの要素」が必要であると説いています。

ロジャースの3原則

・「自己一致(congruence)」:聴き手は自分に対しても、相手に対しても、真摯な態度でいること。また、相手の話が分かりにくい時は分かりにくいことを伝え、真意を確認すること。分からないことをそのままにしておくことは自己一致に反する。

・「共感的理解(empathic understanding)」:相手の話を、相手の立場に立ち、相手の気持ちに共感しながら理解しようとすること。相手の話を否定せず、なぜそのように考えたのか、その背景に肯定的な関心を持って聴くこと。

・「無条件の肯定的配慮(unconditional positive regard)」:善悪や好き嫌いといった評価をせず、肯定的な関心を持ちながら話を聴くこと。

次ページ:傾聴の目的とメリット

SHARE