お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いいかげんにして。「意見がコロコロ変わる人の特徴」5つ

奥平優(恋活イベンター)

意見がコロコロ変わる人っていますよね。そういう人たちにはどのような特徴があるのでしょうか。恋活イベンターとして様々な人を見てきた奥平優さんに聞いてみました。

昨日言っていたことと、今日言っていることが違うって人いますよね。筆者の友人にも、意見を二転三転させる人がおり、頭を抱えた経験があります。そこで今回は、筆者の経験をもとに、「意見がコロコロ変わる人の特徴」をご紹介します。

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

(1)気分屋

意見がコロコロ変わる人は気分屋であることが多いです。例えば、どこかに出かける約束をしたとしても、そのときは「出かける気分」だったのでOKしたものの、数日経過して「気分じゃなくなった」とキャンセル。もしくは、キャンセルとまではいかずとも、「やっぱり〇〇に行きたい」と当初の予定とは違うことを言ってくることもあります。

(2)正直者

意見がコロコロ変わる人は、感情のままに過ごしているため、正直者です。自分を偽ることがなく裏表もないため、不思議と憎めない存在。そのため多少振り回されることがあっても、ついつい許してしまいます。正直すぎる面もあり、例えば機嫌が悪くなると顔にでてしまい、周りが気疲れしてしまうこともあるでしょう。

(3)ムードメーカー

意見がコロコロ変わる人はムードメーカーとして、輪の中心にいることも多いです。コロコロ意見を変えることに悪気はなく、それが原因でピリっとした空気になっても、笑顔で受け流してしまいます。愛嬌も持ち合わせていることから、いつの間にか、ムードメーカーになっていきます。前述にも書いたように、憎めない存在なのも要因のひとつです。

(4)忘れっぽい

意見がコロコロ変わるのは忘れっぽいことに原因があります。筆者の友人はまさにそうで、「え? そんなこと言った?」が口癖。最初の頃は、わざとボケているのかと思いましたが、本当に覚えていないのです。意見をコロコロ変える人との重要な約束は、口約束では済まさず、LINEやメールなど履歴が残るものにすることをおすすめします。

(5)言葉足らず

会社の上司で意見をコロコロ変える人って多いですよね。「この前言っていたことと違う」とイラついたことも、「なぜ、こんな人が偉くなれたのだろう」と思ったこともあるでしょう。実は上司はずっと同じことを言っているのです。偉い人ほど、頭の中で会話を完結させてしまっていることが多く、「言ったつもり」になっています。結果、言葉足らずになり、意見が変わったと思われてしまうのです。

コロコロ意見が変わる人の言葉は受け流すことも必要

以上、「意見がコロコロ変わる人の特徴」をご紹介しました。どのような関係性であっても、コロコロ変わる意見にいちいち付き合っていては、ストレスになってしまいます。波風たてないようにするのは対人関係では大切ですが、時には受け流すことも大切ですよ。

※画像はイメージです。

(奥平 優)

関連する診断をチェック!

仕事で自信を持つには、どうしたらいい?「“デキる人”への第一歩」診断

仕事運を引き寄せる「9つの役割」診断

お付き合い美人度診断~お仕事編~ 人には聞けない「会社での私って?」

奥平優(恋活イベンター)

過去50回以上の恋活、婚活イベントに参加。その経験を活かし、真剣に出会いを求める女性に寄り添った恋活イベントを年間1000本以上企画、運営している。

リアルな恋愛の現場を見てきたからこそ書ける、役立つ恋愛記事が特徴。

この著者の記事一覧 

SHARE