お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

親に結婚を反対されたらどうする? 反対する理由と5つの説得法

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

2人で結婚を決めたら、次は親へのあいさつですよね。でも、その時に結婚を反対された場合、どうすればいいのでしょうか。押し切るべき? それとも別れる? 恋愛コラムニストのさかもとみきさんに、親が反対する理由と説得する方法について教えてもらいました。

結婚は、2人が愛を育み、2人の意思で決めます。なのに、親御さんのお許しをいただくことが暗黙の了解ともされていますよね。

せっかくお互いの気持ちが決まったのに、結婚を反対された場合、どうすればいいのでしょうか。今回は、家族の結婚に反対したことのある筆者が、親に反対された時の親の心理や、結婚をかなえるための対処法をご紹介します。

親が結婚を反対する理由とは?

そもそも20歳以上であれば、お互いの意思があれば親の許可なしでも結婚ができます。なのになぜ、親は2人の結婚に反対したり口出ししたりしてくるのでしょうか。

(1)経済的に不安定

自分、または相手の仕事が経済的に不安定だと、結婚してもやっていけるか親は不安になります。親は、結婚生活にはお金も大事だということをよく知っているので、つい批判してしまうのです。

契約社員やフリーターなどの雇用形態が不安定といえる非正規雇用、またはあまり身近でない分、仕事内容が分かりづらいフリーランスなどの場合は、基本的に心配になる親が多いのが実情です。

(2)相手に借金がある・お金にだらしない

相手に借金や奨学金がある場合や貯金がない、仕事をやめているなどの場合も、親は心配になります。2人が「これから働いて頑張る」と思っていても、結局困って自分たちに頼ってこないかなど、金銭面で自立できる2人なのかが心配なのです。

(3)誰かと比べてしまう

人には相性があり、好き嫌いもあります。子どもの恋人としてなら一定の距離を持って付き合えますが、自分たちの家族になると違います。

大事な節目や冠婚葬祭でも一緒になり、他人だとは割り切れません。また、過去に付き合っていた元カレ・元カノや、兄弟の嫁と比べて自分とは合わないと思われることもあるでしょう。

(4)家柄が違い過ぎる

彼の親、彼女の親どちらかが高学歴な家系や、高所得者、資産家の場合も、結婚相手候補を見る目は厳しくなります。両家の当たり前の価値観、お金をかけることやかける金額が違い過ぎるとギャップが生じて苦労するのも事実です。

また、本家や分家、長男かどうかなどで結婚に対する条件や親の思いが変わってきます。母子家庭や、親に借金があるなどの場合も反対されることがあるでしょう。

(5)年齢が違い過ぎる

2人の年齢に開きがあり過ぎるのも、親が心配になる1つの理由になります。今はラブラブでも、ジェネレーションギャップや、子どもはどうするか、老後のことまで親は見ています。年齢差によって生じる問題が、2人が幸せになれるか気になってしまうのです。

次ページ:結婚を反対する理由が分からない場合の聞き出し方

SHARE