お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

復縁したい時の連絡方法を全解説! 男性心理で見るベストなタイミング

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

別れてから気付く元恋人の魅力は多いもの。連絡したくても、どれくらい冷却期間を空けたらいい? 方法やきっかけは? など、気になることばかり。今回は、恋愛コラムニストのさかもとみきさんに、復縁のために元カレ・元カノに連絡するベストタイミングなどを解説してもらいます。

どうしても忘れられない恋人がいる場合、次の恋へ進むのって難しいですよね。むしろ、なんとか復縁したいと寝ても覚めても考えてしまう人も少ないでしょう。

ただ、復縁できるかどうかは、連絡を取るタイミングで決まることも多くあります。今回は、復縁の可能性を上げるために重要な連絡のタイミングについて男女の心理を交えて解説します。

復縁に連絡は効果的? 元恋人が抱く心理

復縁を意識して連絡するのは、元恋人同士という微妙な距離感の2人であるが故に、クールダウンできた、お互いの気持ちの距離がちょうどいいと感じた時がベストです。

ここではまず、連絡をもらった元恋人が抱く男女の心理を解説します。

(1)素直にうれしい

お互い気持ちが残ったまま別れてしまったカップルに多いパターンです。元恋人からの連絡は素直にうれしいと感じます。

だからこそ返信も早いし、連絡も冷たい雰囲気はなく、むしろ喜んでいるテンションで返してくれることでしょう。

(2)面倒に感じる

相手への気持ちが冷めてしまっている、すでに新しく恋人や好きな人がいる場合は面倒だと感じることが多いでしょう。

既読スルー、未読スルー、返信がやたら遅い、他人行儀だと感じる場合は、このパターンに当てはまります。

(3)相手を意識するようになる

そこまで気持ちの高まりはないものの、お互い意思の疎通ができずにうやむやに別れてしまったり、心残りがあったりする時に元恋人から連絡がくると、だんだん相手のことを意識するようになります。

連絡は即レスではなくとも、嫌な感じではなさそうなパターンです。お互い胸の内を探っている可能性があります。

次ページ:復縁したい時の連絡の注意点

SHARE