お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読】かんける? 「感ける」の正しい読み方

ななしまもえ(芸術系ライター)

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「感ける」の読み方です。

かんける? いやいや、子供の頃の遊びじゃないし、それは缶蹴り。そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「感ける」の読み方は?

感想、感情などの言葉に使われる「感」という漢字。一般的には、“かん”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。「感」という字自体には、深く心が動くこと、物事に触れての心の動きといったニュアンスが含まれます。

しかし、これに「ける」の送り仮名をつけた途端、もう意味不明! きっと多くの人がなんと読めばいいのか戸惑うはずです。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“かまける”と読みます。

「感ける」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「感ける」の意味は以下のように解説されています。

かま・ける【▽感ける】
[動カ下一][文]かま・く[カ下二]
1 あることに気を取られて、他のことをなおざりにする。「遊びに―・けて勉強がおろそかになる」

2 心を引かれる。感心する。共感する。
「はしきやし翁の歌におほほしき九 (ここの) の児らや―・けて居らむ」〈万・三七九四〉

読み方は難しいのですが、日常生活の中で「仕事に感けて~」など、割と耳馴染みのある言葉ではありますよね。

『デジタル大辞泉』で解説されているとおり、「感」の漢字のニュアンスを持った関心や共感も「感ける」という言葉の意味に含まれるということ。

漢字の読み方もそうですが、こんな複数の意味が「感ける」にあったとは知らなかったという人もいることでしょう。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「感ける」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。

一つの漢字の意味が、時代を経るごとに派生していって、いろいろな意味を持ち出すのは漢字の醍醐味です。

電車での移動中など、時間がある時は、偶然目の前にある漢字をスマホで調べてみてはどうでしょうか。面白い発見があるかもしれません。

(ななしまもえ)

※この記事は2020年12月15日に公開されたものです

ななしまもえ(芸術系ライター)

漢字の形の美しさに惚れ込む元ダンサー。漢字はダンスで表現できると信じている。サッカー好きで一時はレッズの追っかけをした経験もあり。おっとりしているが、サッカーの話になると早口で熱くなる。3代続く正真正銘の湘南ガール。

この著者の記事一覧 

SHARE