お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ニキビの種類と見分け方とは。できる場所ごとの悪化の原因と正しい治し方

横井彩(皮膚科学会認定専門医・医学博士)

日常生活のなかでできる対策を

ニキビにはできやすい場所があります。ニキビの予防や悪化を防ぐためには、日常生活のなかで「ニキビができやすい場所」への刺激を避けることや、適切な洗顔・洗浄によって余分な皮脂を取り除くことが重要です。

また、低刺激でノンコメドジェニックなコスメが続々と登場しており、今までいわれてきたようにニキビ肌の人もスキンケアやメイクを諦めなくてもよいようになっています。

ニキビは痕を残しやすい疾患です。ニキビをつくらないための努力はもちろん、できてしまった後も早いうちから皮膚科を受診して、改善や再発防止に努めたいですね。

(監修:横井彩、構成・文:株式会社ジーエムジェイ

※画像はイメージです

参考文献

日本皮膚科学会尋常性痤瘡治療ガイドライン改定委員会〔編〕:尋常性痤瘡治療ガイドライン2017.日本皮膚科学会誌127(6):1261-1302,2017.(https://doi.org/10.14924/dermatol.127.1261)

清水宏(北海道大学):あたらしい皮膚科学 第3版.中山書房,2018.
林伸和:日本香粧品学会誌40(1):12-19,2016. (https://doi.org/10.11469/koshohin.40.12)

林伸和, et al.:日本皮膚科学会雑誌111(9):1347-1355,2001.(https://doi.org/10.14924/dermatol.111.1347)

皮膚科Q&A(日本皮膚科学会ホームページ) 2020年10月20日閲読(https://www.dermatol.or.jp/qa/)

[*1] 林伸和, et al.:日本皮膚科学会雑誌111(9):1347-1355,2001.

※この記事は2020年12月15日に公開されたものです

横井彩(皮膚科学会認定専門医・医学博士)

日本橋いろどり皮ふ科クリニック院長。石川県金沢市出身2003年秋田大学医学部卒。同皮膚科・形成外科にて広範囲にわたる皮膚科学の診療や研究に従事、2015年助教。2017年藤田医科大学総合アレルギー科講師。2018年〜晴海トリトン夢未来クリニックにて院長を務めた他、複数の皮膚科クリニックにて診療に従事。

この著者の記事一覧 

SHARE