お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮気する男性の特徴と心理。浮気癖があるか見分けるにはどうすればいい?

桑野量(心理カウンセラー)

男性が浮気してしまう心理

2人の関係は良好だと思っていたのに、浮気というまさかの展開に驚いてしまうこともあるかもしれません。

ここからは、男性が浮気してしまう心理について確認していきましょう。

(1)彼女への不満を解消する

彼女では満たされない気持ちを満たすために、浮気をしてしまうことがあります。

これは肉体関係の不満だけではなくて、日常生活の中で生まれる不満を満たすために、他の女性を求めてしまうケースもあります。

例えば、「彼女の不満を他の女性に聞いてもらっているうちに浮気してしまった」などです。

(2)性欲を満たしたい

性欲が強い人が必ず浮気するわけではありません。しかし、満たされていない性欲を他の女性で満たそうとしてしまうことは可能性としてあります。

彼女とは家族みたいな関係になりセックスレスになってしまっているけれど、長い付き合いだから別れることもできず、性欲を満たすためだけに浮気してしまう場合があります

(3)保険を掛けている

常に複数の女性と関係を持っているタイプです。

このような男性は、1人の女性と真剣に付き合って、それがうまくいかない時に傷つくのが怖いので、保険のように複数の女性と関係を持ってしまいます。

(4)ストレスがたまっている

人は、ストレスがたまり過ぎると自暴自棄な行動をすることがあります。そして、暴飲暴食やギャンブルと同じように、ストレス解消方法の1つとして浮気をしてしまいます。

しかし、自暴自棄な行動は余計にストレスをためてしまう場合がほとんどです。その結果、また浮気を繰り返してしまうことも。

(5)刺激を求めている

私たちは、禁じられたものに対して欲求が高まってしまうことがあります。「箱の中身を見てはいけない」と言われるほど、箱の中身が気になってしまうように。

「いけないことをしている」という感覚が刺激となり浮気を加速させます。

(6)自己顕示欲

たくさんの女性と関係を持つことで、自己顕示欲を満たそうとしているかもしれません。

浮気することが良くないと分かっていながら、どこかで「浮気できる自分はモテている」という優越感に浸っているのです。

次ページ:浮気する男性としない男性の見分け方

SHARE