お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

処女膜とは。初体験の痛みを和らげる5つの方法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

初めてセックスをするとき、出血をしたり痛みを感じたりする人は多いかもかもしれません。その理由は処女膜が関係しているそう。産婦人科医・医学博士の宋美玄先生に処女膜とは一体何なのか、初体験の痛みを和らげる方法について伺ってみました。

初めてのセックスの際、「処女膜が傷ついて血が出た」という経験がある人もいることでしょう。

その一方で、初めてでも血が出なかった人もいれば、初めてでないのに血が出てしまう人もいます。さらに初めてのセックスは痛かったという人もいれば、痛くなかったという人も。

これらの違いには処女膜の存在が大きく関わっています。なぜ人によって、痛みや出血があったりなかったりするのでしょうか。そして、初めてのセックスでの痛みを和らげるためには、どうしたらよいのでしょうか。

処女膜とは? どこにある?

まずは初めてのセックスにおける痛みや出血の原因となることの多い、処女膜について知っておきましょう。

処女膜とは腟の入口から5~10mm程度のところにある、ひだのことです[*1]。「膜」と呼ばれるので、食品にかけるラップフィルムのように、腟の入り口全部を処女膜が覆っているようなイメージを持つかもしれませんが、実際はそうではありません。

上のイラストのように、処女膜が覆っているのは腟の一部だけ。中央部には孔(あな)が開いていて、生理(月経)の経血やおりものなどを排出します。セックスの際のペニスも、この処女膜の中央部の孔を通って挿入されていきます。

処女膜の役割

処女膜の役割については「腟を細菌感染から守るため」「腟に水が入らないようにするため」などといわれることがありますが、正確なところはわかっていません

強いて言えば、子宮や膀胱などの本来、骨盤内にあるべき臓器が下がって腟外に飛び出してしまう骨盤臓器脱(子宮脱)がおこった際には処女膜をたしかめることがあります。処女膜の位置を基準にして、骨盤内の臓器がどれくらい下がっているかを確認するからです。

処女じゃないのに処女膜がある?

ところで名前に「処女」という単語が入っていますが、実は処女だけにあるわけではありません。処女であろうとなかろうと、女性の体には一生、処女膜が存在しています。

また、一部が裂けたり、脱落したりしたとしても処女膜痕(こん)として、一部分が残っているため、処女膜があった位置はわかるようになっています。

なお、「処女かどうかは医師が処女膜を確認すればわかる」といった都市伝説がまことしやかにささやかれることがありますが、それはまったくのデマです。医師が見ても、誰が見ても、処女膜だけでその人が処女かどうかを見分けることはできません

処女膜を自分で見ることはできる?

処女膜は自分の目で確認することもできます。清潔な手で自分の小陰唇を左右に開き、腟の入り口付近を鏡に映してみましょう。処女膜のひだが確認できるはずです。

性器を見ることに恥ずかしさを覚える人もいるでしょうが、自らの性器の状態を自分で確認することは、とても大切なことです。

処女膜が完全に閉じていたらどうなる?

先ほどもお伝えしたように処女膜には通常、中央に孔が開いていて、そこから生理の経血やおりものなどの分泌物が排出されるようになっています。しかし中には、あるはずの孔がなく、処女膜が完全に閉鎖している場合があります。この状態は処女膜閉鎖症と呼ばれ、治療が必要な状態です。

処女膜が完全に閉鎖していると、生理が始まっても経血を排出することができません。生理がくるたびに経血が子宮や腟内に溜まっていくことになり、それが下腹部に痛みをもたらします。また、経血が溜まった状態が続くことでお腹の内部に経血が逆流し、子宮内膜症を発症しやすくなるともいわれています。

処女膜閉鎖症は無月経や不妊の原因にもなり、「まだ初経が来ていないが月に一度、生理痛のような痛みがある」と産婦人科に相談に行くと、じつは処女膜が完全に閉鎖し、子宮内に経血が溜まっていたというケースもあるのです。心当たりのある人は、ぜひ産婦人科を受診してください。

次ページ:初体験の時、なぜ痛みを感じるのか

SHARE