お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これって不感症かも……。セックスが気持ちよくない原因と対処法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

セックスが気持ちよくない……。これってもしかして不感症? そんな悩みを持つ女性に向けて、その症状と原因・対処法を産婦人科医・医学博士の宋美玄先生が教えてくれました。

愛する彼とのセックスなのに気持ちよくならない……そんな悩みを持つ女性は少なくありません。

本当は気持ちよくなりたいのに、どうも感じにくい気がする。それは私のせい? それとも相手のせい? もしかして不感症なの? と気になってしまうこともあるのでは。

セックスを楽しみたいのに性的刺激を感じにくいという場合、どんな原因や対処法があるのでしょうか。

セックスで感じない……それは不感症?

性的興奮をほとんど感じない、または感じにくいことを「不感症」と呼ぶことがありますが、それは正式な名称ではありません。医学的には「性的興奮の障害(Sexual Arousal Disorders)」といいます。

以前は医師も「不感症」という名称を使っていたことがありました。しかし、不感症という言葉には、性的刺激を感じないことの非が女性の側にだけあるように聞こえる(男性側のテクニックが稚拙なせいで感じない可能性もあることが、言葉の中に含まれていない)ことから、今は使われていません。

現在では「セックスで感じない」という場合、そもそも性的興奮がまったくおきないのか、それともオルガズムには達しないものの性的興奮はおきているのかを区別して、治療法や対応を考えています。

また、従来の不感症の中には、性的なことに対して嫌悪感があるために性的興奮を感じないケースも含まれていることがあります。

しかし性的なことに嫌悪感がある場合の原因や対処法は主に心因性であることが多く、今回ご紹介する内容とは大きく異なります。今回は「セックスに対する嫌悪感がなく、セックスで感じない(感じにくい)ことをなんとかしたい」という人に向けた原因と対処法を提示いたします。

次ページ:不感症の症状

SHARE