お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「御中」の正しい使い方とは? 「様」との違い

大部美知子

「御中」以外の敬称の違い

「御中」以外にも、「様」「殿」「各位」などの敬称がありますが、混同しがちですのでその違いをまとめてみましょう。

「様」は個人名に付ける

個人名の宛名に付ける敬称として、最もいろいろな場面で使用されているのが「様」です。

相手の地位・年齢・性別などに関係なく使用でき、氏名などの下に付けることで敬意を示すことができます。

書き言葉・話し言葉の制限もありません。ただし、親しい関係のメールで、「さま」や「サマ」と書くケースがありますが、正式なビジネスシーンでは漢字で「様」と書くようにしましょう。

「殿」は役職・個人名に付ける

「殿」はもともと、「公と私の区別が明確になる」などの理由で、官公庁や企業の公的文書に使われていたことから、主に文書の書き言葉として使われます。

役職に個人名を続ける場合には、役職の後に余白を空け、個人名に殿を付けるようにします。その際、「殿」には上から目線の印象があるため、自分より目上の人には使わないようにしましょう。

《例》

・間違った使い方:「田中総務課長殿」 (個人名+役職名の場合、役職名が敬称に当たるため、「殿」を付けると二重敬語)

⇒正しい使い方:「総務課長殿」、「総務課長 田中殿」(相手が自分より目上でない場合)

相手が自分より目上の場合には、「総務課長 田中様」と書くようにしましょう。

「各位」は複数の個人に対して付ける

「各位」には、複数の個人を対象にした「様」という意味合いがあり、封筒や葉書の宛名でなく、主にビジネス文書や案内状などの内容に使用されます。

すでに「様」という意味が含まれているので、「各位」+「殿」(様)を付けると二重敬語になるため、気を付けましょう。

《例》

・間違った使い方:「関係者各位殿」

⇒正しい使い方:「関係者各位」

「先生」は教育者や特定の職種の個人に付ける

教師・医師・会計士・弁護士・議員・作家などの特定の職業に方には、「先生」という敬称が使われます。

「先生」が敬称ですので、他の敬称を重ねて二重敬語にならないように注意してください。

《例》

・間違った使い方:「○○先生様」

⇒正しい使い方:「○○先生」

「気付」は個人の立ち寄り先宛てに付ける

出張先の会社やホテルに宛てて書類などを送る時に使用します。

宛先の社名の下には、「御中」の代わりに「気付」と書き、改行して送付相手の出張中の同僚や上司の名前を書きます。

自分宛に送る場合には、「様」でなく「行」になります。

また、祝電や弔電を送る場合も同様です。

《例》

・間違った使い方:「株式会社○○ 総務部 御中 △△社○○行」

⇒正しい使い方:「株式会社○○ 総務部 気付
○○様」

封筒・ハガキへ宛名書きをする上でのポイント

公私問わず、封筒やハガキへ宛名書きをする機会もあると思います。

ここでは、そんな時のポイントについて紹介していきます。

宛名書きの際は文字の大きさをそろえる

「御中」は、宛先が組織や団体の場合に使う敬称で、初めて連絡する時や担当者名が分からない場合、「○○株式会社 御中」 「株式会社○○ 総務部 御中」などと記載します。

また、封筒に宛名書きする際、縦書きする時もあれば、横書きの時もありますが、「御中」はどちらの場合にも使うことができます。

縦書きの場合には、社名や部署名、係名の下に半角程度の余白を空けて「御中」と書きます。横書きの場合にも同様に、少し余白を空けて「御中」と書くようにします。

「御中」は敬意を込めた宛名なので、(文字の大きさも)宛名の部署名などと同じ文字の大きさにすることもポイントです。

返信用封筒・ハガキの「行」は「御中」へ書き換える

宛名の敬称で間違いやすいのが、返信用封筒です。

企業や団体が発行した返信用封筒や返信用ハガキなどには、部署名の後にあらかじめ「行」と書かれていることがあります。

これは、返信は自社に戻ってくるものなので、へりくだった「行」という文字を付けているのです。

「行」は返信時に二重線で消し、代わりに「御中」または個人名宛であれば「様」を書き入れます。

具体的には、「行」・「宛」の上から縦の二重線で消すか、もしくは右上から左下へ向かう斜めの二重線で消します。無造作に線を引かず、丁寧に引きましょう。

その上で、「行」・「宛」の真下、もしくは縦書きなら左側に「御中」または「様」を記入します。

また、自分の名前の下に書かれている「様」は、忘れずに二重線で消しておきましょう。

相手に合った敬称になっているか要チェック

「御中」の意味や正しい使い方について、理解は深まりましたか?

一言でまとめると、「御中は個人宛て以外に使う」と覚えておきましょう。

個人宛ての基本は「様」ですが、今回紹介した通り「各位」や「先生」など例外の表現もあります。

相手にメールや書類・手紙を送付する際には、相手に合った敬称になっているか事前にきちんと確認するようにしましょう。

(大部美知子)

※画像はイメージです

※この記事は2020年08月31日に公開されたものです

大部美知子

株式会社M‘sコミュニケーション代表取締役。ビジネスファシリテーター。東京女子大学短期大学部卒業後、日本航空株式会社入社。13年勤めた後、JALアカデミー株式会社にて16年、企業向けの接遇指導や、新人からリーダーまで、幅広い層のビジネスコミュニケーション指導に従事する。 2004年12月に独立。企業研修は、「受けるとかならず結果が出る」と定評がある。著書に『気持ちをうまく伝える技術』『ゼロから教えて電話対応』『ゼロから教えて新人教育』『世界で通用する 一流のビジネスマナー』(共にかんき出版)など。

この著者の記事一覧 

SHARE