お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【三碧木星】2020年後半の運勢 #九星気学

九星気学

伊藤マーリン(占術家)

運勢を上げるためにやるといいこと

2020年の後半の運勢を上げるために、何をするといいのでしょうか? 三碧木星の開運アクションをご紹介します。

(1)ポジティブな面を見る

何事も無理は禁物ですが、簡単に諦めるのもよくありません。物事のポジティブな側面に注目することが運気アップにつながります。

(2)バランスを重視する

人間関係・恋愛・健康・お金……全て「バランス」を意識するとラッキーにつながります。無理をせず、心に余裕を持って動きましょう。

九星気学を活用して、2020年の後半をハッピーに過ごしましょう

九星気学の運気には波があります。そして、運気を生かせるかどうかは、あなた次第です。

幸運の波が来たらスムーズに乗りこなせるように、ウォーミングアップをしておきましょう。

また、運気が低迷したらダメージを最小限で済ませることができるように、日頃からしっかり準備をしておきましょう。

2020年の後半、あなたに良いことがたくさんありますように!

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです

※この記事は2020年06月21日に公開されたものです

伊藤マーリン(占術家)

出版社勤務を経て、雑誌の星占い連載を始め、WEBやスマホの占いコンテンツ制作などで活躍中。個人鑑定で開運アドバイスをする他、タロットや占星術、オリジナルのアストロカード®を使った講座を銀座で開講している。著書 『ザ・トート・タロット』 『コンポジット占星術』。
公式サイト:http://astrocard.net/ito/
Twitterアカウント: @Thoth_Tarot (https://twitter.com/Thoth_Tarot)

この著者の記事一覧 

SHARE