お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

普段の食生活、気をつけていることはある? 働く女性に聞いてみた

松葉暁

いつも健康でいるためには、栄養バランスのとれた食生活を取り入れるのも大事なことですよね。

仕事が忙しいと、ついつい食生活も乱れて、不規則な生活になってしまいがち。今回は20~30代の働く女性たちに、普段の食生活で気をつけていることについて聞いてみました。

Q.健康上、食生活で気をつけていることはありますか?

・はい:54.9%
・いいえ:45.1%

※有効回答数395人

野菜をとる

・「一日のうち、どこかで野菜を必ずとるようにしている。どうしても食べられそうにない場合は野菜ジュースで補う」(26歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「野菜を必ず食べるよう毎日サラダを作っている」(27歳/医療・福祉/専門職)

ビタミンが豊富な野菜は、多くの人が積極的に摂ろうとしていることがわかりました。また食べる順番という側面からも、サラダなどの野菜類から先に食べるようにしているという意見が複数ありました。

乳製品をとる

・「毎日ヨーグルトを食べる」(25歳/情報・IT/技術職)

・「ヤクルト、ヨーグルトを毎日とる。サプリメントの使用」(37歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

美容面でも、お腹の調子を整えてくれるという健康面からも、乳製品を食べるという回答も多く見受けられました。また、最近では機能性を高めた乳酸菌飲料なども販売されており、そうした食品を積極的にとり入れている人も多いようです。コンビニなどでも、いつも気軽に買えるのがいいですね。

夜遅くに食べすぎない 

・「夜、食べすぎない」(39歳/商社・卸/事務系専門職)

・「夜はあまり食べすぎず、基本的には野菜のみ。そのぶん、朝にしっかりご飯を食べるようにしている」(25歳/生保・損保/販売職・サービス系)

飲み会などで、ついつい夜遅くまで飲み食いしてしまうことも多いですよね。夜遅い時間の食事は太りやすいだけでなく、胃にも負担がかかるといわれています。寝る数時間前までにすませるか、脂っこいものなどを夜にとるのはなるべく避けたほうがいいかもしれないですね。

甘いものを食べすぎない

・「お菓子、ジュースはとらない」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「糖分をとりすぎないこと。摂取カロリーをきちんと把握すること」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

疲れたり、ストレスがたまったりすると、ついつい手が伸びてしまうお菓子や甘い飲み物。カロリーが高いものが多いので、食べる量には注意が必要かもしれませんね。

まとめ

今回は働く女性たちが、健康のためにしている食生活の工夫を紹介しました。このほかにも、揚げ物を控えたり味付けを薄めにしたり、三食きちんと食事をとることを心がけているという意見もありました。最近では栄養バランスが考えられた便利な食品やサプリなどもあるので、自分のライフスタイルに合わせてうまく活用するのもいいかもしれませんね。

(松葉暁)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年7月22日~7月26日
調査人数:403人(22歳~39歳までの働く女性)

松葉暁

この著者の記事一覧 

SHARE