お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

撃退するには? 横柄な態度を取る人の心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

横柄な態度を取る人の心理とは? 職場など、周りにいる偉そうな人。彼らとの上手な付き合い方を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

威張って、人を見下した態度を取る横柄な人。そんな人がまわりにいたら、嫌な思いをする上に、どう対応したらいいか困ってしまうものですよね。

横柄な人はなぜそんな態度を取るのでしょうか。今回は、その心理と対処法をくわしく解説します。

横柄な態度を取る人の心理を知って、適度な距離感で付き合えるようにしたいものですね。

そもそも「横柄」ってどんな態度?

横柄とは、人を見下したような態度や、無礼で無遠慮なことをいいます。

横柄な態度の人は相手を尊重する気持ちがないので、バカにしたような態度を取ってまわりの人に嫌な思いをさせます。

横柄の類義語は「傲慢」「不遜」「高飛車」などがあります。反対語は「謙虚」だとされているので、横柄とは良くない意味で使われる言葉だということがわかります。

よくある横柄な態度の例として、

・飲食店の店員さんに対して、上から目線で物を言う
・お礼を言わない
・目上の人にはペコペコするのに、目下の人には威張る
・バカにした態度を取る
・嫌味を言う
・謝らない
・昔の武勇伝など、自分の自慢話が多い

というのがあります。

次ページ:横柄な態度を取る人の心理

お役立ち情報[PR]