お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

撃退するには? 横柄な態度を取る人の心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

横柄な態度を取る人の心理とは? 職場など、周りにいる偉そうな人。彼らとの上手な付き合い方を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

横柄な人の上手なかわし方5つ

行動の裏にある相手の心理がわかれば、どんな付き合い方をすればいいかも見えてきます。ここでは、横柄な人の上手なかわし方を紹介していきます。

(1)下に見られないように仕事はしっかりこなす

横柄な人のターゲットにされないためには、最低限仕事ができることが必要です。

横柄な態度をとる人は、相手が自分より上か下かで態度を変えるので、下だと思われないような工夫が必要になります。慣れないうちは大変ですが、日々積み重ねて努力をすることで仕事ができるようになると、「こいつやるな」と一目置かれるようになるでしょう。

(2)礼儀正しく接する

こちらから挨拶をしても無視されたり、失礼な態度を取られたりした場合でも、自分も同じような態度を返すのはよくありません。

横柄な人は、隙を見せるとそれを理由に攻撃してくることがあるので、「あの人は礼儀がなってない」と言いふらされる危険性があります。

正攻法で向き合っていては、ほかの人に悪い印象を与えられてしまう恐れがありますし、トラブルになったとき、自分側に非があると不利になりかねません。

あくまでも自分自身は礼儀正しく接し、隙を作らないように心がけましょう。

(3)横の繋がりを作る

2人きりであればまだいいのですが、まわりにたくさん人がいるときに横柄な態度を取られてしまうと、まわりの人との関係性に影響を及ぼします。

そこでオススメなのが、あらかじめ横の繋がりを作っておいて、自分の人となりを知っておいてもらうことです。

まわりと仲良くなっておけば、横柄な態度の人から嫌味を言われたときも、自分の印象が変わることなく庇ってもらえるはず。

また、横柄な人も、周囲の人と繋がりが強固である人をターゲットにしづらいものです。

(4)感情的に反応しない

失礼な態度を取られたり嫌味を言われたりした場合に、感情的に反応しないことが大切になります。動揺して傷ついた素振りを見せてしまうと、相手に隙を見せることになります。

横柄な人は、自分が発した言葉で他人がぐらぐらしているのを見ると、相手をコントロールできたと思って快感を覚えます。

また、横柄な人は自分が攻撃されることには敏感なので、感情的に反論すると、防御のためにさらに攻撃してくる可能性があります。言い返したくなったときには、冷静に毅然とした態度で論理的におかしい点を述べるといいでしょう。

(5)にこやかに褒める

褒めるのは癪に障ると思うかもしれませんが、横柄な態度の人は、褒め言葉にはめっぽう弱いです。

「自分はすごいんだぞ」というニュアンスの話をしてきたときには、「わぁ、すごいですね~」「〇〇さん、さすがです」とひと言付け加えると上機嫌に。

まわりに人がいるときは、そうしたにこやかな対応ができると、「この人、大人だな」「私にはあんな対応できないわ」と評価が上がります。常に、自分の対応をまわりの人が見ているということを忘れないようにしましょう。

横柄な態度に振り回されなくていい

横柄な態度の人とは、できれば関わらないで過ごしたいものですが、職場にいる場合はそうもいきません。

横柄な人は、格下だとみなした人には態度を変えてきます。

仕事を頑張ってこなし、言動に隙を作らないことで、ターゲットになることを回避していく上手な生き方も処世術のひとつ。また、横の繋がりを作ることも、心の余裕を持つためには大切です。

横柄な態度の人に振り回されず、快適な毎日を過ごしたいですね。

(高見綾)

お役立ち情報[PR]