お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

撃退するには? 横柄な態度を取る人の心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

横柄な態度を取る人の心理とは? 職場など、周りにいる偉そうな人。彼らとの上手な付き合い方を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

横柄な態度を取る人の心理

では、どのような心理からこのような態度を取るのでしょうか。

(1)自信がない

本当に自信がある人は、威張ったり自分の能力を自慢したりする必要はないものです。一見自信満々な態度を取る横柄な人ですが、実は自分に自信がありません。

不安で弱い心を持っていることがバレないように必死。バカにされたくないという思いから、偉そうな態度を取って自分を大きく見せ、自信があるように振舞おうとしています。

(2)心を許せる人がいない

横柄な態度の人は、心の底では自分は人から求められていない、自分を受け入れてくれる人はいないと感じており、それゆえ他人に心を許すことができません。

劣等感があるために、常に人と自分を比較しています。

また、弱みを見せると支配されてしまうと思っているため、弱い自分を隠すことに必死で、いつも心に余裕がない状態です。

(3)強い承認欲求がある

強烈な承認欲求があるため、褒め言葉にはめっぽう弱く、自分を見て「あの人すごいよね」「羨ましいよね」と認めてもらいたいという気持ちが強いです。

そのため自分の目の前で他人が褒められたり、賞賛されたりするような場面があるとムッとしておもしろくないと感じます。

常に人よりも上に立っていたいという気持ちが強く、人を下げることで優位に立とうとすることも。優越感を抱いていないと自分が保てない状態です。

(4)プライドが高い

できない自分を認められない上にプライドが高いので、人に頭を下げることができません。

注意されたり自分を否定されたりするような言動をされると、プライドが傷ついて激しく怒り出します。明らかに良くないことを自分がした場合も素直に謝ることができず、むしろ「相手が悪い、自分は悪くない」と相手のせいにしてしまうことも。

お礼を言うことも苦手で、「頼んだわけじゃないし」と憎まれ口をたたいてしまうこともあります。

(5)損得勘定で動いている

人間関係を上下関係や損得で捉えているので、相手によって態度を変える特徴があります。

明らかに目上の人や一目置いている人に対しては、従順になったり好意的な態度を取ったりしますが、部下や後輩、仕事ができない人など、目下だと思う人や自分にとってメリットがないと判断した相手には、バカにして失礼な態度を取ります。

例えば、店員さんなど立場の弱い人に対しては強く出て、自分が優位に立っていることを示そうとします。

(6)自分の思い通りに物事を進めたいと思っている

支配欲が強く、他人を自分の思う通りにコントロールしたいと思っています。

他人を尊重しようという気持ちが欠けているため、従者のようにこき使おうとしたり、自分の思うように動かない人がいるとイライラして怒り出したりすることも。

次ページ:横柄な人の上手なかわし方5つ

お役立ち情報[PR]