お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

相性が良い相手とは? セックスにおける「相性」の正体

森林原人

セックスの相性とは具体的に何を指すのでしょうか。AV男優で執筆活動を行う森林原人さんが「セックスの相性の正体」「相性が良い相手の基準」を解説します。

セックスは相手がある行為ですから、自分の思うがままにすることはできません。する上でまず大切なのは、お互いセックスすることに対する同意(性的同意)があることです。

ただし、同意が揃ったとしてもセックスがうまくいくとは限りません。なぜなら、人それぞれに意思があり、感情があり、好みがあり、体型や体質、性癖もあり、体調の変化だってあるからです。

それらをまとめて「相性」といい、セックスの満足度を左右する要素のひとつになってきます。


セックスにおける「相性」とは?

さて、セックスにおける相性を構成するそれぞれの要素をくわしく見ていきます。

(1)性器の形状

身長や体重、骨太や筋肉質といった身体の特徴があるように、性器にもさまざまな特徴があります。男性器なら、大きさ、長さ、太さ、硬さ、反射速度、持続力、射精コントロール力です(もっと細かく見れば、カリデカ、茎太、筋張っているといったものもあります)。

一方、女性器は、締まり、濡れ、感度、匂いがあります。

ちなみに、男女共に見た目の良し悪し(造形美)といった要素もありますが、セックスの内容にはそれほど影響しないのでここでは省きます。

大事なのは「形」ではなく「どう使いこなすか」

性器の形状や特徴そのものによる相性はもちろん存在します。とはいえ、実際にはお互いの気配り次第で良くも悪くもなります。

重要なのは、自身の性器の形状を把握し、“どう使いこなすか”です。周りの男優を見る限り、持ち物よりも使い方で相手の反応は変わります。

性器は相手をやっつける武器ではありません。

意識としては、どう攻撃力(大きさや締まり具合)を上げるかと考えるのではなく、相手と繋がる部位の一部でしかない性器を過信せずに、性器以外の部位(肌、唇、手足、視線、言葉)でいかに繋がるかのほうが重要だと考えることです。

性器頼りになると、セックスがパフォーマンスや競技になり、心が置いてきぼりになります。多くの人が考えているよりも性器単品での能力は乏しく、あてになりません。

(2)性癖の傾向

SとMだけではなく、激しいのが好きとか、サクッと短いので十分とか、ドロドロ溶け合うようなものが理想とか、ストーリーや場所、格好にこだわってしたいといったものまで、さまざまな性癖が存在します。

性癖とは、読んで字のごとく性の癖ですから、いつの間にか身についてしまっているモノで、意識して変えることは難しいです。左利きを無理やり右利きに矯正するとストレスがかかるという説があるぐらいで、性癖も、他人に迷惑をかけたり傷つけたりするモノでない限りはあるがまま自由でいいと思います。

「自分の性癖を言語化出来ること」が重要

性癖に関して重要なのは、自分で把握し、言語化出来るようになっておくことです。

それには、日ごろから自問自答したり、性に関してアンテナを張ったりしておかなければなりません。

多くの人が自分の食の好き嫌いを自覚できるのは、常日ごろから考え、選択する機会があるからです。「お昼、何食べたい?」と聞かれたり、「晩御飯何作ろうかな?」と考えたり、グルメ番組を見て「これ美味しそう、食べてみたいな」と食指を動かしたりして、自分の好みを把握していきます。

性に関しては、そういった機会が日常的にある人は少ないので、意識的にしておかなければなりません。

性癖を自認しない女性は多い

男性は、AVを選択するという機会を持つ方が多いのでまだ性癖自認を持ちやすいですが、女性は圧倒的に難しいです。

僕が自分の講演会で女性に聞く質問として「のび太、ジャイアン、スネ夫、出木杉の4人が大人になったとして、誰とするセックスが一番満足度は高そうですか?」というものがあります。

これに答えることで、自分の性癖や、セックスに求めているものが具体化、言語化されます。

答えはなんでもいいのですが、一番残念なのは、のび太を「私に嫌なことや痛いことをしなさそうだから」という理由で選ぶパターンです。満足度が高い人を選んでという質問なのに、消極的な理由で選択するところに、セックスに希望を持っていないし、自身がセックスで主体性を発揮できていないことが見てとれます。

性の悦びは、与えてもらうものではなく、自分で選択し手に入れていくものなのです。

次ページ:男性はセックスの相性を重視する?

お役立ち情報[PR]