お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

結婚できない人の増加は「自由な結婚」時代だから

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

結婚した夫婦の知り合ったきっかけ推移

結婚した夫婦の知りあったきっかけを細かく分類すると以下の通りです。

結婚した夫婦の知りあったきっかけ推移

お見合い

上述したとおり、かつて一番の主流であった「お見合い」は減少の一途をたどりました。

職場や仕事で知り合った

お見合いに代わって1980年以降に「知り合ったきっかけ」の1位に輝いたのは、「職場や仕事で知り合った」というものです。1990年にはその比率は4割を超えていますが、最近は下降気味です。

友人・兄弟などの紹介

「職場や仕事」の代わりに、大きく上昇しているのは「友人・兄弟などの紹介」によるもので、2015年には3割に達しました。合コンなどもここに含まれるでしょう。

婚活系アプリ

最近、婚活系のアプリなどを活用した出会いも増えており、それによる成婚も珍しくはないようですが、統計自体が2015年までの実績ですので、それはまだ数字として表れていません。とはいえ、まだ全体に占める割合は10%に満たないと推計されます。

次ページ:「お見合い」に続いて「職場結婚」が台頭

お役立ち情報[PR]