お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

2018年から流行中。「ベイクドカラー」ってどんな色?

大人のファッション用語

千木良まりえ

今がトレンドの色み「ベイクドカラー」をご存知ですか? 少し焦がしたようなくすみカラーを指すようです。ファッションライターの千木良まりえさんに、ベイクドカラーとはどんな色なのかくわしく教えてもらいました。また、ベイクドカラーをコーデに取り入れるコツについても聞いたので必見です!

2019年取り入れるべき「ベイクドカラー」

さて、この秋冬、どんな「ベイクドカラー」を取り入れるといいでしょうか?

おすすめの4色を紹介します。

ベイクドピンク

ベイクドカラー1ベイクドピンク

まず手に入れたいのはベイクドピンク。

かわいくなりすぎずに身に着けられるのでおすすめです。

秋冬の定番、ニットで一枚押さえておきたいところ。

ベイクドオレンジ

ベイクドカラー2ベイクドオレンジ

派手になりすぎず、おしゃれな雰囲気が出るベイクドオレンジは、ワンピースで取り入れてコーデの主役に。

上下で色を揃えたワントーンコーデも今っぽくなるのでおすすめ。

ベイクドブラウン

ベイクドカラー3ベイクドブラウン(こげ茶)

焦げ茶は今季のマストハブ!

ボアジャケットやファーコートなど、アウターに取り入れると、ベーシックながらもこなれた印象のスタイルになります。

ベイクドグリーン

ベイクドカラー4ベイクドグリーン

シックな雰囲気のベイクドグリーンは、シンプルコーデをおしゃれにアップデートしてくれます。

パンツで取り入れれば程よく辛口なカジュアルスタイルに。

次ページ:ベイクドカラーをコーデに取り入れるコツ

SHARE