お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

アラサー女子でもキュンキュンしたい! 胸キュンエピソード&恋愛モードになる映画4選

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

アラサー世代になると、胸キュンする瞬間も少なくなって「キュンキュンしたいのに!」と思うことはありませんか? この記事では、ときめくことが少ないとお悩みのアラサー女性に、恋愛モードになれるヒントをお届け。25~34歳のアラサー未婚女性324人の胸キュンエピソードとともに、恋愛コラムニストのひかりさんに、キュンキュンしちゃう映画をセレクトしてもらいました。

歳を重ねるにつれて、恋愛、婚活においても現実的なものの考え方をするようになり、純粋に胸キュンする瞬間が減ってくるもの。

でも、恋する気持ちを忘れてしまっては、ますます恋が遠のいてしまいます。

今回は、25~34歳のアラサー未婚女性324人のキュンキュンする瞬間エピソードとともに、恋愛コラムニスト・ひかりが恋愛モードになれる映画を4本ご紹介します。

アラサー女性がキュンキュンしちゃう瞬間とは?

そもそも女性がキュンキュンしてしまう瞬間というのは、どんなときでしょうか?

アラサー女性の胸キュンエピソードとともに紹介します。

(1)好みのタイプの人にストレートに迫られたとき

・「ストレートに好きと言われる」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好みのタイプの人に、ただひと言『好きです。付き合ってください』だけでいい」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「2人きりの夜にバックハグか手を握られて『オレと付き合って』って言われたい」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「まわりに誰もいない帰り道に、2人で並んで歩いているとき、ストレートに『好きだよ』って言って、ちょっと照れていたりする」(30歳/その他/クリエイティブ職)

・「車の中など、2人っきりのときに『最初から好きでした。付き合ってください』というようにストレートに言われたらキュンときます」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

やはり男性にはストレートに告白してもらいたいものですよね。

そこに異性としての魅力を感じる女性は少なくありません。

(2)純度の高い愛情を与えられたとき

・「真剣に2人のことを考えてくれているような会話(将来のこととか)をしてくれる!」(28歳/建設・土木/技術職)

・「家事とか普段やってることに、感謝の気持ちを伝えてくれる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事で疲れて帰ってきたときに犬のようにうれしそうに玄関まで出迎えにきてくれたとき」(33歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「風邪をひいて寝込んでいるときに、そばにいてくれたら胸キュンします。甘えちゃいます」(31歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「『君が望むなら』という態度でなんでもこなされるとキュンキュン」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

濁りのない純粋な愛情を注がれると、心を奪われずにはいられないことも。

それだけ本当の愛には、人を惹きつけるパワーがあるんですよね。

(3)ふとした瞬間に、やさしさが見えたとき

・「体調不良やよくないことで落ち込んでいるときに、気にかけているのがわかるLINEをくれる」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「道を歩いているとき、車道側から歩道側に誘導してくれる。そっと手をつないでくれる」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「さりげなく荷物を持ってくれたり、扉を開けてくれたりする」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「自分が好きだと以前言ったものを覚えてくれていて、さりげなくそれを買ってプレゼントしてくれたとき」(31歳/建設・土木/技術職)

・「小さい子どもやお年寄り、動物などに、笑顔で接しているのを見たとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

さりげないやさしさに気づくと、胸がときめきますよね。

普段見せる顔とのギャップがあるほど、キュンキュン度が上がるものです。

(4)自分(との関係)を守ってくれたとき

・「待ち合わせ中、彼を待っている間にナンパされて、それを見た彼が『何の用?』って間に入ってくれたとき」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「緊急時に先頭きっていろいろな物事を進めてくれるとき」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「飲み会のときとかに、いろいろ聞かれて困っているときにさりげなくフォローに入ってくれる」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「男勝りであまり人に頼らない性格だけど『暗いと危ないから』と一緒に帰ってくれたとき」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「暗い道を歩いているとき、自然と手をつながられるとキュンとする」(34歳/学校・教育関連/専門職)

「男性に守られている」というシチュエーションにキュンキュンする女性は多いもの。

とはいえ、最近の映画では、女性が男性を守るパターンも増えてきているので、お互いに守り合うのがいいのでしょうね。

(5)夢のようなキラキラした世界に連れて行ってくれたとき

・「東京ディズニーランドのシンデレラ城の前でプロポーズ」(27歳/その他/事務系専門職)

・「数回目の2人きりのデートにて夜景の見える場所で告白される」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「海沿いに見える夕日を前に、うしろから抱きつかれ、『寒くない? コーヒー買ってきたよ!?』」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「花火やイルミネーションが格別に素敵な場所だと胸キュンする」(33歳/その他/事務系専門職)

・「高級なレストランのような普段行かないところに連れて行ってくれてもてなしてくれる」(26歳/小売店/技術職)

世知辛い毎日から連れ出してくれるようなイケメンの王子様が現れたら、お姫様気分になれるものですよね。

映画でも、こういったシーンがあると、観ていて胸キュンすることも多いです。

次ページ:胸キュンしたいときにおすすめの映画

お役立ち情報[PR]