お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

別れたほうがいい? 遠距離恋愛が辛いときの対処法

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

遠距離恋愛が辛いと思ったらすべきこと

遠距離恋愛を続けてきて、気持ちがもう限界になりかけている人は、何かをはじめてごまかしながら気持ちを保つよりも、きちんと自分の気持ちと彼氏の気持ちと向き合うことが必要です。

今の彼氏とどうしたいかを考える

遠距離恋愛 辛い

好きだけで遠距離恋愛を続けるには限界があります。必要なのは、覚悟です。ズバリ、彼とどうなりたいかを考えましょう。

結婚したいのか、同棲してみたいか、別れたほうがいいのか。相手がどう思っているかはこれから聞くとして、まずは自分の気持ちと真剣に向き合ってみてください

相手のことを何歳まで待てるか考える

遠距離恋愛 辛い

遠距離恋愛は、自由も適度にありながら、会いに来てくれる恋人もいる。男性としては非常に楽な恋愛でもあります。最高です。

だから、これからのことを真剣に考え、積極的に未来の話をする男性は多くありません。考えるとしたら自分が何度目かの転勤するタイミングくらい。

ただでさえ、結婚に積極的になれる男性が少ない時代です。自分が彼の決断を何歳まで待てるか具体的に考え、彼に伝えておきましょう

結婚や同棲をする場合、自分のキャリアを断念することも考える

遠距離恋愛 辛い

遠距離恋愛は、お互いに生活の拠点があります。一緒に住むことになるとしたら、どちらかが住居と仕事を変えることが必要になってきます。

添い遂げることになるとしたら、今の生活を変える覚悟は必要です。もし、ついていくとしたら向こうでの仕事はどうするか、資格はあったほうがいいのかなども考えなければなりません。

自分の気持ちを整理したうえで彼氏に気持ちを伝える

遠距離恋愛 辛い

自分がどうしたいか決まったら、一度今の辛い気持ちを伝えましょう。貴重な2人の時間、重い話はしたくないと思ってここまで来たかもしれません。

しかしあなたが悩んで辛いのであれば、避けて通れない話です。

せっかく、距離というハンデがありながら付き合ってきた関係です。不完全燃焼で終わらせてしまっては、気持ちにしこりがのこりませんか? ゆっくり話す時間を持てるようお出かけの予定を入れずに約束し、気持ちを素直に話してみてください。

遠距離恋愛が辛いときこそ転換期

遠距離恋愛 辛い

遠距離恋愛は、信頼と気持ちでつながる試練の恋愛です。相手を思いやる恋愛だからこそ、つい自分の弱音や本音を隠してしまうことも多いでしょう。

しかし、険悪なムードになるのがいやだからと肝心な話をしないカップルには、大きな溝ができてしまいます。その溝は別れの原因になってしまいます。

彼の選択を待ちたい気持ちや、負担になりたくない気持ちもわかります。しかし、辛いときくらい本音を伝えられなくて何が恋人ですか

気持ちは、思っているだけでは相手に伝わりません。覚悟を決めて、彼氏の待つ街にのり込み、素直にあなたの本音を話してみてください

(さかもとみき)

※写真はイメージです

※この記事は2019年06月23日に公開されたものです

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

広告代理店、旅館勤務を経て転勤族妻としてフリーライターになったアラサー。のった恋愛相談は100件を超え、ダメ男を渡り歩いた過去の失恋と相談経験を活かして多数の恋愛記事を執筆。個別に恋愛相談やデートのアドバイスなども行っている。

【Twitter】https://twitter.com/mikimiki060606
【Instagram】https://www.instagram.com/sakamotomiki516/
【個人サイト】https://sakamotodappantyu.com/

この著者の記事一覧 

SHARE