お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

精神科医が教える「幸せを感じるセックス」のコツ10

髙木希奈

人間がセックスで幸せを感じるメカニズムとは? 精神科医の肩書きを持ち、セックスコミュニケーションについて幅広い知識を持つ髙木希奈さんが「幸福を感じるセックスのコツ」を紹介。幸せを感じるセックスと感じられないセックスの差は、一体どんな部分にあるのでしょうか。

人間は、生殖以外の目的でセックスをする数少ない生物です。

さらに私たちがセックスをする目的は、単純な性的快感を得ることだけに留まりません。

そこには、愛する人と「心の距離を近づけたい」「ひとつになりたい」といったさまざまな感情が紐づくもの。

つまり、セックスから幸福や愛を感じ取れることは、私たち人間の特権なのです。

今回は、「幸せなセックス」をテーマに、幸せを感じるセックスと感じられないセックスの差、セックスで幸福感を得るコツなどについて解説していきます。

「幸せなセックス」と「幸せじゃないセックス」の差とは?

諸説ありますが、男性は右脳が優位で、女性は左脳が優位だといわれています。

「性欲スイッチ」が異なる男女

右脳は「感性脳」と呼ばれ、画像処理や空間認識、直観的判断などを司ります。一方の左脳は、言語脳」と呼ばれ、言語処理や論理的思考などを司ります。

つまり、この説における男女脳のちがいとは

・男脳:視覚による刺激を受けやすい
・女脳:言葉による刺激を受けやすい

ということ。

男性は視覚重視、女性は言葉やムードを重視するため、男女の性欲が入るスイッチは異なるのです。

女性の性欲は「愛情」と一心同体

この男女の性的な妄想についてうまく説明しているのが、アラン・ピーズとバーバラ・ピーズの著書『セックスしたがる男、愛を求める女』です。

同書を読むと、男性の性的妄想はすがすがしいほど即物的で、セックスに恋愛感情を必要としないことがわかります。彼らは、動物のオスとして“自分の遺伝子をより多く残す”“種をまく”という本能があるので、愛情抜きでもセックスができるということ。

一方の女性は性欲と愛情を切り離すことができません。

なぜなら妊娠・育児期間が長いことが想定される女性は、そのあいだ、自分と子どもを養ってくれる男性をしっかり捕まえておかなければならないため。

そんな女性がセックスに求めるのは、“相手が自分を捨てない”という確信。ゆえに自分が愛され、今後も大切にしてもらえそうだという確証、セックスでいうと、単なる挿入だけではなく、手間のかかった愛撫や後戯を重要視するのです。

つまり女性が幸せを感じるセックスとは、「いいムードの中、彼がていねいに自分を愛してくれる行為」をさすといえるでしょう。

次ページ:セックスで幸せを感じる10のコツとは?

お役立ち情報[PR]