お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「冷めてる人」の特徴と上手に付き合うコツ

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

感情が表に出ない「冷めてる人」。一緒にいても「本当に楽しいと思ってるのかな……」と不安になりますよね。この記事では、冷めてる人の特徴と心理、付き合い方について、恋愛コラムニストの浅田さんに解説してもらいました。

「ちょっと冷めてない……?」

突然ですけど、男の人って、冷めてること多くないですか?

・LINEや電話がそっけない
・会話のテンションが低い
・うれしいときに一緒に喜んでくれない
・なんか「いえーい」とか言ってくれない
・めっちゃロジカル
・ベタベタすると嫌がる

ちょっと物足りなかったりしますよね。好きでいてくれてるのはわかるけど――さみしいというか。やっぱ愛情を感じたいじゃないですか。

もしかすると貴女の彼氏もそうだったりしませんか?

ご安心ください。

今回は、そんな「冷めてる人」の特徴から、付き合い方まで解説します。

冷めてる人の特徴5つ

1.腕を組んでいる

話を冷静に聞こうとしているのかもしれません。

心理的に、小さな壁を作っているイメージです。

自分で考えてから受け入れるかどうか決める、という感じです。ふとしたときに癖として出たりします。

2.笑いの感情表現が小さい

そもそも感情を大きく表すタイプでないということです。

笑うときは「ふふっ」「ニヤッ」という笑い方をするくらいです。

表情やアクションにまったく表れないことも。つい「あれおもしろくないのかな……?」とまわりに感じさせてしまったりします。

3.ロジカル

まさに「冷静」という感じです。

どんなときも論理的に考えて行動したいタイプ。男性に多い傾向があります。

もちろん悪いことではありません。

ただその分、感情表現がおろそかになってしまう、ということです。

4.会話が淡々としている

冷めた印象は会話にも表れます。

冷めてる人は、どことなく淡々と喋る傾向にあります。

たとえば、お笑い芸人のトークのように熱をこめて――ということもないわけです。会話のなかに感情をこめず、事実だけを並べるイメージです。

会話を共感のためのツールだとは考えていない傾向にあります。

5.LINEに絵文字や顔文字がない

この「冷めてる人問題」は、コミュニケーション全般にいえる話です。

なのでLINEにも当てはまります。

冷めてる人は、絵文字や顔文字をあまり使いません。文章自体もシンプルです。逆にスタンプ一個だけの返信、などもありえます。

次ページ:冷めてる人の心理5つ

SHARE