お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男性が無意識にしている「脈アリ言動」

マイナビウーマン編集部

男性からの好意に気づかないと、なかなか関係が発展しないなんてときもあります。しっかりと男性からの脈アリ言動に気づきチャンスをものにしたいですよね。そこで今回は社会人男性に「無意識にしている脈アリ言動」について聞いてみました。

頻繁にデートに誘う

・「できるだけ一緒にいたいので、週末のデートに誘うようにする」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「デートに誘うときは、詳しい日にちを指定して誘ったり、その人が喜びそうな場所や物を探したりする」(31歳/商社・卸/販売職・サービス系)

気になる女性に対して、無意識にデートに誘う男性は多いようです。こちらから行きたい所を提案すれば、男性側から「じゃあ、今度一緒に行こう」など恋愛への発展も早くなりそうですね。

とにかくやさしい言葉を使う

・「身体や心をつねに気遣うことややさしい言葉をかける」(27歳/商社・卸/営業職)

・「言葉遣いや態度を柔らかくするようにする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きな女性に対して、とにかく「気遣いの言葉」や「やさしい言葉」をかけてあげる男性が多いようです。毎回気にかけてくれる男性の脈アリ言動は見極めやすいかもしれません。気になる男性からの言葉の場合、こちらも同じようにやさしい言葉をかけてあげたいですね。

好意を見せてしまう

・「好きとか好意がある言動をとってしまう」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「自分の好意を素直に伝えること。好きだと伝える」(32歳/ソフトウェア/専門職)

好きな女性に対して、無意識に好意を見せてしまっている男性も多いようです。具体的に「好き」や「会いたい」などあからさまに脈アリ行動をしてしまうそうですね。好意を匂わす内容のLINEや言動には敏感に気づけるといいですね。

自分のことを話す

・「必要以上に自分をよく見せるようなことはせずに、自分の欠点も話す」(34歳/食品・飲料/技術職)

・「自分のことを知ってほしいからどんどん話す」(30歳/学校・教育関連/その他)

とにかく自分のことを知ってほしくて、聞かれていなくても自分の話をしてしまうなんてかわいい意見もありました。過去の恋愛など、付き合うと聞きづらいこともこんなときなら聞き出せるかもしれません!

逆に奥手になってしまう

・「その場で言いたいこと言えず、あとからいい言葉が浮かんでくる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「つい目で追ってしまうが、目を見て話すことができない」(28歳/医療・福祉/専門職)

好きだからこそ、「喋れない」「目を見られない」など、奥手になってしまう脈アリ言動もありました。積極的ではないからといい、決して興味がないわけではなさそうですね。そんな男性の気持ちも理解してあげましょう。

まとめ

好きな女性に対して無意識にしてしまう脈アリ言動でした。気にかけていないと気づかない言動もあれば、「好き」などの言葉でわかりやすく伝えてくれる男性もいました。男性からの脈アリ言動は見逃さずに応えられるといいですね!

(文:マイナビウーマン編集部、イラスト:mateppe/@mateppe

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:277人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]