お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

セカンド女子を「本命彼女にしたい」と思う瞬間

マイナビウーマン編集部

「セカンド女子」というポジションに満足して、いつまでも「本命彼女」に負けたまま。そんな女子はいませんか? 「セカンド女子」なんてポジションは今すぐ抜け出したいですよね。では、男性が本命にしたいと思う瞬間はどのようなときなのでしょうか? 今回は社会人男性のみなさんに、セカンド女子を「本命彼女にしたい」と思う瞬間について聞いてみました。

意外な一面を垣間見たとき

・「意外な一面を見たとき。今まで見たことのないしぐさを見たとき」(34歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「意外な側面を観たとき。ギャップがあるとき」(29歳/ソフトウェア/技術職)

やはり男性はギャップに弱いですよね。たとえば普段は性格や口調がキツい人も、ふと柔らかい表情や仕草を見せると男性は「キュン」とくるものです。

本命に振られたとき

・「本命に振られたら当然セカンド女子が本命になりますよ、サード女子が本命になる二階級特進とかミラクルすぎる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「セカンド女子を本命彼女にしたいと思う瞬間は、本命女子に振られたとき」(29歳/その他/その他)

本命に振られたら、次はセカンドへ……。願ったり叶ったりのこの状況ですが、待っているだけではなかなか機会が巡ってくるチャンスはなさそうですよね。いつまでも「キープされている」わけじゃないと彼へアピールしておきましょう。

本命彼女より尽くしてくれたとき

・「料理をしてくれたり、本命彼女より尽くしてくれたりしたとき。罪悪感があるので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分に尽くしてくれることによって、罪悪感が生まれてそこから」(29歳/食品・飲料/営業職)

やはり自分に対して献身的に尽くしてくれる女性には、とても惹かれるようです。病気で弱っているときなどに一生懸命に看病してあげたり、悩んでいるときに支えてあげたり、本命よりも「側に居てほしい存在」になれるようにしましょう。

家庭的な一面から将来を想像できるとき

・「家庭的で結婚生活が展望できると感じた瞬間」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「家事や仕事がきちんとできて、将来性を感じる人」(31歳/商社・卸/販売職・サービス系)

仕事をきちんとがんばっていたり、家事をそつなくこなせたり、そんな女性に男性は好感を抱きますよね。2人の将来をしっかりイメージできるような女性と付き合いたいと思うのではないでしょうか。

まとめ

男性はより「安心感」と「安定感」を求めている印象がありましたね。「セカンド女子」というポジションにも関わらず、健気にがんばっているあなたを見て、いつかきっと振り向いてくれる日がくるかもしれません。一刻も早く「本命彼女」に昇格して幸せになりましょう!

(文:マイナビウーマン編集部、イラスト:mateppe/@mateppe

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:277人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]