お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「別れを決意する5つの彼女の言動」

マイナビウーマン編集部

彼氏ができるたびに、振られてしまうなんて悲しい経験をしている女性も多いのではないでしょうか。ただ、振られる原因がはっきりしないときもあると思います。そこで今回は社会人男性に「別れを決意する彼女の言動」について聞いてみました。

浮気に気づいてしまった

・「浮気をしているなど、よっぽどのとき」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

・「自分以外に別の男性がいると思う感じになった」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

浮気がわかった瞬間に別れを決意するという男性は多いようです。これは女性でも同じ意見の人は多いですよね。彼氏と別れる覚悟がなければ浮気や疑われる行為はしないほうがよいでしょう。

自分の周囲の人を批判された場合

・「自分の身内の人に対して見くだす対応をした」(34歳/食品・飲料/技術職)

・「自分や周辺の人たちのことを悪く言うとき」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

自分の友人や家族に対して批判的な言葉を言われたときに、冷めてしまい別れを決意する男性も少なくはないようです。彼氏の周囲の人に対して、意見を言うときは言葉を選ばないといけませんね。

度がすぎる束縛が続いたとき

・「自分のスケジュールを事細かに確認してくる。スマホを見る。付き合っていても個人情報を見るのはいけないことだと思う」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「干渉してきたり、束縛が酷かったりするとき」(25歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

行きすぎた束縛が続いたときに別れを決意する男性の意見はかなり多かったです。束縛の気がある女性は、彼氏の負担になっていないか一度振り返ってみたほうがよさそうです。いきなり別れを切り出されてしまうかもしれません。

感情の起伏が激しいとついていけない

・「突然、死にたいとか憂鬱なことを言われたとき」(歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「感情の起伏が激しいときに、自分に当たってくるのはなし」(34歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

あまりにも感情の起伏が激しいと、一緒にいると疲れてしまい別れたくなってしまう意見もありました。あまりネガティブなことばかり言っていると、愛想をつかされてしまう可能性もあります。ネガティブな感情を彼氏に出すのはほどほどにしましょう。

一緒にいてつまらなくなったとき

・「遊びに行ってもあまり盛り上がらず退屈さを感じたとき」(26歳/その他/営業職)

・「もう面倒くさい、話していてもイライラすることばかり言う」(27歳/機械・精密機器/営業職)

一緒にいても楽しくなかったり、ケンカが続くようになったりしたときが、別れのきっかけとなる男性は多いようです。少し噛み合わないなと感じたときは、無理に一緒にいたりせずに少し距離を置いてお互いの大事さを感じる機会をつくってみてはいかがでしょうか。

まとめ

無意識の彼氏にしてしまっていることもあったのではないでしょうか。最初は我慢できても、徐々に別れたい気持ちが強くなってしまう男性もいるようなので、別れを切り出される前に彼氏の気持ちをよく汲み取って行動することを心がけましょう。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:304人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]