お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

疲れているときに彼女に言われたくない5つのこと

マイナビウーマン編集部

仕事で疲れている彼が構ってくれないなんてときはありませんか? そんなとき、考えて行動をしないと言動ひとつで嫌われてしまう可能性もあるようです。そこで、社会人男性に「疲れているときに言われたくないこと」について聞いてみました。

中身のない話が多い

・「たいしたことない内容を延々と話されると疲れてしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「相手のことより自分のことばかりを話しはじめられたら、聞くのがストレスになってイライラする」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

疲れているときに、延々に興味のない話をされるのは男性からすると「いい加減にしてほしい」と思ってしまい、会う頻度を少なくしたりするようです。彼氏が疲れているときは少し会話の内容にも気を使ってあげると疲れていても会いたい彼女と思ってもらえそうですね!

疲れているときの構ってアピール

・「すぐにかまってほしいとくっついてくる」(25歳/食品・飲料/営業職)

・「自分にかまってほしいと自分勝手なことを言ってきたとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

「疲れているときのかまってアピールはNG」という男性の意見は多かったです。寂しい気持ちがあっても過度なスキンシップは、彼が疲れているときは我慢したほうがいいかもしれませんね。

仕事と私どっちが大事なの? といった内容

・「『仕事と私どっちが大事なの?』と正解がない質問をされたとき」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「仕事で疲れているときに私のことは大切でないのかと問われる」(29歳/不動産/事務系専門職)

「私と仕事どっちが大事なの?」重たい女性のお決まりともされているセリフですね。実際に言われるとどう答えても彼女の機嫌を損ねそうでストレスに感じてしまう男性は多いようです。特に疲れているときには、このセリフは言わないよう気をつけましょう。

彼女の仕事と比較される発言

・「私のほうが何倍も疲れてるんだから、自分のことばかり言わないで」(27歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「『私のほうが疲れてるんだから』など、自分のことしか言わないとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

自分の仕事と比較する発言は、男性のプライドも傷つけてしまうので避けたほうがよさそうです。お互いに疲れているときは会うのをやめるなど、ケンカにならない工夫をしたほうがよさそうですね。

本当に仕事か疑われたとき

・「仕事で疲れてるのに、浮気を疑うようなことを言ってきたとき」(39歳/その他/事務系専門職)

・「いろんなことをこと細かく聞いてくる」(31歳/情報・IT/技術職)

がんばって遅くまで働いていたのに、「浮気を疑われた」などの意見もありました。まずは「遅くまでお疲れ様」など彼を労ってあげる言葉をかけられる女性になりましょう。

まとめ

彼が疲れていることに気を使えずに自分だけの感情を押しつけてしまった女性もいるのではないでしょうか。疲れているときこそ、やさしさを見せて彼氏の癒しとなりたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:304人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]