お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

倦怠期? 「付き合って4ヶ月目」を乗り越える方法

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

付き合って「魔の3ヶ月目」と呼ばれる時期はクリアしたけど、次に重要なのは「付き合って4ヶ月目」なのは知っていますか? 付き合って4ヶ月目のカップルが陥りがちな状況や、倦怠期の打開策などについて、恋愛コラムニストのさかもとみきさんに聞きました。

付き合って4ヶ月目を乗り切るポイント

付き合って4ヶ月

魔の3ヶ月目を乗り越えたのに、お互い慣れたがゆえに倦怠期の心配をしなければならないなんて、恋はなんて忙しいのでしょうか。でも、実は4ヶ月目の取り組み方で、これからの付き合いがうまくいくコツをつかむことができます。

相手になじみつつ、お互い楽しい付き合いにするための努力をすれば、「別れるなんて考えられない大事な彼女」として君臨できるのです。

受け身をやめて時々攻める

付き合って4ヶ月

恋は待ちだと思っている女性はたくさんいます。告白も男性から、デートの誘いも男性から、それが普通だと。しかし、3ヶ月目以降も「さあ、私を楽しませてごらん」スタンスでずっとこられると、男性も疲れます。

実際、受け身の女性は3ヶ月目まで楽しんだあと、男性にフラれてしまう可能性がググっとあがります。

理由は一緒にいて楽しくないからです。だからたまには男性がびっくりするような、喜ぶような提案やリクエスト、サプライズをしてみてください。「意外とおもしろい女」と思われて飽きられないですみます。

毎回会うときに何か「はじめて」を取り入れる

付き合って4ヶ月

お互いネタを出し尽くした3ヶ月の交際を経て、もう行くところ、やることがないなんてカップルも出てきているころでしょう。しかし、ハードルを下げると「はじめて」はそこらじゅうにあります。

たとえば、待ち合わせの駅を変えてみる、テーマを決めた服装でデートしてみる、お互いやったことがない体験系デートに行ってみるなどです。

初々しいドキドキする気持ちに頼らずとも、お互いの新しい面を見て、たのしむことはできます。「1デート、1はじめて」が4ヶ月目以降もラブラブでいる秘訣です。

会う頻度やLINEのやり取りを見直す

付き合って4ヶ月

盛り上がった恋ほど、冷めるときは早いものです。好きだから会いたい、つながりたい気持ちがあるのは仕方ありませんが、お互い無理している状態が続くと別れる理由になってしまいます。

4ヶ月目に来たら、会う頻度やLINEのやり取りを意識的にコントロールし、お互いに負担のかからないやりとりにしましょう。

たとえば、LINEの即レスを求めたり、休みは全部デートにしたりする関係はお互いの視野を狭くし、どちらかを息苦しくする可能性大。長く関係を続けるために、一度無理をしていないか、ほかにやりたいことはないかなど話し合ってみてはどうでしょうか。

相手が知り得ない自分を持つ

付き合って4ヶ月

慣れてきたころに、男性が別れたいと思う大きな原因のひとつは飽きです。すべてを知りたがるけれど、すべてを知ったら飽きるのが男性の心理なのです。

そんな別れる理由を作らないため必要なのが、彼氏に見せない部分をつくること。

3ヶ月目までは、お互いを知る努力をしてきたと思いますが、4ヶ月目から大事なことは「見えそうで見えない部分」を持ち続けることになります。

見た目に変化を持たせるのももちろん効果的ですが、仕事や趣味を強化して自分の領域を楽しむ「俺が知らない充実した女」の側面を持つのが一番です。

ターニングポイントの4ヶ月目からさらにラブラブに

付き合って4ヶ月

今、自分が「飽きた」「おもしろくない」と思って彼氏と別れることになっても、次の恋でもまた4ヶ月目はやって来ます。4ヶ月目を過ぎても仲よく過ごすには、慣れというマンネリをどう打破するか、工夫するかにかかっているのです。

せっかく魔の3ヶ月目を乗り切った恋人と深く、長くお付き合いするためにも、ちょっとした工夫で倦怠期なんかふっとばして仲よく過ごしてくださいね!

(さかもとみき)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]