お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

倦怠期? 「付き合って4ヶ月目」を乗り越える方法

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

付き合って「魔の3ヶ月目」と呼ばれる時期はクリアしたけど、次に重要なのは「付き合って4ヶ月目」なのは知っていますか? 付き合って4ヶ月目のカップルが陥りがちな状況や、倦怠期の打開策などについて、恋愛コラムニストのさかもとみきさんに聞きました。

「付き合って4ヶ月目」のカップルの特徴・あるある

そんなこれからの付き合いの方向性が決まってしまう4ヶ月目のカップルのあるあるはコチラです。

相手の人間性が見えてくる

付き合って4ヶ月

ネコをかぶっていたかもしれない3ヶ月目までとちがい、自分を受け入れてくれたと安心するからこそ、彼の素の状態が見えてきます

また、女性側も最初の緊張感やドキドキ感が減り、すでにすっぴんを見せるのに抵抗がなくなったりしている人もいるかもしれません。お互いがある程度安心して恋人と向き合える幸せなタイミングでもあります。

しかし、距離が縮まり安心感が出てくる分、あれ? と思うようなところも見えてきます。釣った魚に餌をやらないような行動が見えてきたり、LINEやデートで手を抜いているように感じたりしてしまう場面もあるでしょう。

デートや行動がマンネリ化してくる

付き合って4ヶ月

お互いにネタが切れてくるのが4ヶ月目あたり。あらゆるデートもひと通りして、いつも行くお店も決まってきたかもしれません。彼のルーティーンに自分が組み込まれたという意味ではうれしい側面もあるでしょう。

が、いかんせん同じことばかりしていると飽きてしまいますよね。安定した付き合いを望む一方で、「ドキドキさせてほしい」という気持ちも膨らみ、お互いに不満が出てくるのもこの時期の特徴です。

2人のこれからを意識しだす

付き合って4ヶ月

4ヶ月目は居心地のいい相手かどうか、これからも一緒にいたいかどうかがわかってきます。そうなると、「これから」のことを考えだす人もいるでしょう。気が早い人は結婚を意識するかもしれません。

でも、2人の考え方に差があることもしばしば。じっくり付き合いたいタイプか、結婚するかしないかで判断したいタイプかで気持ちの差が生まれはじめるのもこの時期。早すぎる結婚のプレッシャーは相手を及び腰にしてしまいます。

結婚を意識している彼女にとっては、相手の負担にならない言葉選びや、プレッシャーにならない詰め方が今後の課題になります。

LINEや電話の頻度に変化がある

付き合って4ヶ月

相手の仕事や行動パターンも見え、不安の減ってくる4ヶ月目は、やりとりが落ち着いてきます。LINEが減ったり、電話の頻度が増えたりするかもしれません。LINEのやり取りに一喜一憂したり、文面をよーく考えて送ったりしなくてよくなるでしょう。

一方で、彼氏が安心するということは、手を抜かれたり、ほかの女性に目移りする余力がでてきたりする可能性もあります。お互いを理解し、安心感を持つのも大事ですが、彼氏が安心しきらないよう、バランスをとりながら連絡のリズムを作っていく必要があります。

次ページ:付き合って4ヶ月目を乗り切るポイント

お役立ち情報[PR]