お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

性格が良くなりたい。男性が夢中になる「性格が良い」女性の特徴

大塚統子(心理カウンセラー)

「性格が良くなりたい」と思ったことがある人はいませんか? では、「性格が良い人」の特徴って? 性格を良くするために大切なことや、具体的に何をすれば性格がよくなるのでしょうか。心理カウンセラーの大塚統子さんに教えてもらいました。

「かわいくなって、気になる男性を振り向かせたい」と思う女性は多いですよね。見た目の印象ももちろん大切ですが、見た目以上に重要視されるのが性格です。

男性が好きになる「性格が良い」女性はどんな人のことなのか、心理カウンセラーの大塚統子が解説します。

「性格が良い人」とは?

ひとことで言うならば、一緒にいて良い気分にさせてくれる人は「性格が良い」と思われます。逆に、「あの人とは一緒にいたくない」と感じさせる人は「性格が悪い」と思われがちです。では、どういう人が「あなたと一緒にいたい!」と思われるのでしょうか。

相手を理解する人

性格 良くなりたい

相手の話を「あなたはそう思うのね」と受けとめたり、「なんでそんなふうに思うの?」と聞いたりすると、「自分に興味を持ってくれている」「自分を理解しようとしてくれている」と好感を持たれます。

一方、「○○するのが当然」と自分の価値観以外は認めなかったり、正論で相手の思いや行動を否定したり、「どうしてわかってくれないの!」と自分の感情をおしつけたりする人は、モテません。

人と自分はちがうもの。性格の良い人は、ちがいを楽しんで相手を尊重しています

人のせいにしない人

性格 良くなりたい

他人の文句を言うとき、人の悪口を言うとき、良い気分の人はいません。そして、それを聞く周囲の人も良い気分ではありません。

いろいろな場面で「自分は被害者で、相手が変わらないと不満」と言っていると、「この人とつきあうと自分も文句ばかり言われるだろうな」と連想させるので、本命には選ばれにくくなります。

性格の良い人は、たとえイヤな気持ちになることがあっても、最終的には「そう感じているのは自分。だから自分が変わろう!」と人のせいにはしません

人を応援できる人

性格 良くなりたい

人の幸せを応援し喜べる人は、周囲から性格が良いと思われます。人を応援できる人は、何かしら自分もがんばっていることがあります。何かに打ち込んでいる姿勢は魅力的です。

また、人を応援し、人のために喜んでいると、「自分のためにも同じように応援する人や喜ぶ人がいる」と思いやすくなりますから、人に対してやさしい気持ちにもなれます。

なお、軽い“やきもち”くらいは焼いたほうがかわいいですが、マウンティングや過剰な嫉妬は好まれません。マウンティングや嫉妬は不安や劣等感からきています。「自分は自分・人は人」と比べないようにするとか、自己肯定感を高めるなどしておくと良いでしょう。

与えることができる人

性格 良くなりたい

「自分ができることをしてあげたい」「何か相手に貢献したい」「喜ばせてあげたい」と人に与えたいと思える人は、性格が良いと評価されます

ただし、「自分さえ我慢すれば」と自己犠牲があると、与えられた人は素直に喜べません。また、「○○してもらうために」と見返りを求めていると、与えるのではなく奪う行為になります。「大切な人のためにしてあげられるのがうれしい」と「してあげる喜び」を感じている人は、自分も他人も幸せにします。

「してあげる喜び」の対極は「してくれない不満」です。相手からしてもらおう、相手に自分の望みを満たしてもらおうとしていると、「性格が良い」とは思われませんし、残念ながら心が満たされることはありません。

性格を良くすることはできる?

性格 良くなりたい

そもそも性格の良い・悪いは、接する人が感じるものです。ある人は、穏やかで控えめな人を性格が良いと思い、別の人は、自分の意見があってわかりやすい人を性格が良いと思い、まったく逆の状態が評価されることがあります。

そこで、「性格が良いって何?」と迷ったり、自分にはないものを「補わなければ」と努力したりする人が多いです。

性格を良くするために大事なのは、次の2点です。

自分の良い所を発揮する

性格 良くなりたい

控えめな人は聞き上手ですし、自分の意見がある人は話し上手です。それぞれの良さを生かして人に接することができるなら、どちらの形でも性格が良いと言えます。

たとえば、「控えめだからできることがある」と自分の良い所を発揮して人とかかわろうとしたら、人のためにできることも、人から喜ばれることもたくさんあるでしょう。

控えめな自分を嫌って隠そうとしたり、自分ではない誰かのようになろうとしたりしなくてもいいのです。

相手に何を感じさせるかを意識する

性格 良くなりたい

自分が感じている気持ちにうそをつく必要はありません。ただ、一緒にいる人に自分の言葉や態度が「何を感じさせるのか」には気を配るといいでしょう。

たとえば、自分の気持ちに焦点をあてると「申し訳ない」「ごめんなさい」と言いたくなることでも、相手に何を感じさせるかを意識すると「ありがとう」「うれしい」の表現を選ぶことができます。

性格を良くするには、興味の中心を「自分」から「相手」に変えるといいでしょう。

性格を良くするために取り組みたい具体的な方法

自分がご機嫌でいる

性格 良くなりたい

人に良い気分を与えられる人になるには、自分がご機嫌でいる必要があります

まず、「自分はできていない」「自分は持っていない」と自分にないものを探すのをやめましょう。そして、自分のがんばりを認めて、自分をほめましょう。「私は愛されている」「私は十分がんばっている」などと、自分にやさしい言葉をかけましょう。自分のことを好きでいられると、心に余裕を持って人とかかわることができます。

そして、ご機嫌な気持ち「うれしい」「楽しい」「好き」といったポジティブな感情を言葉にして表現しましょう。大切な人に心からの笑顔を与えていきましょう。

相手の都合・相手の気持ちを思いやる

性格 良くなりたい

相手を優先すると「都合のいい女」扱いをうけると心配になるかもしれません。しかし、この駆け引きは無用です。自分をないがしろにする人を好きになる人はいません。

人は「自分を理解してくれる人」「自分を大切にしてくれる人」のことを大事にしたいと思います。自分も相手も大切にするのは難しく思われるかもしれませんが、うまくやろうとしなくて大丈夫です。相手を思いやろうとチャレンジを続けてみてください。チャレンジした分だけ、大きな愛を持つ人になれるでしょう。

相手の話を「そうだね」といったん受けとめて、相手に興味を持って「あなたはどう思う?」と聞くようにしましょう。相手を理解するほど、相手に好かれる振る舞いが何かわかるようになるでしょう。

やさしい断り方を持つ

性格 良くなりたい

イヤなことをNOと言えないと、我慢ばかりになってしまいます。我慢をしていると、人を思いやる余裕がなくなってしまいます。

そこで、相手を傷つけない断り方を身につけておきましょう。できるだけすみやかに、サックリとお断りするのがコツです。

自分が断れる人になっておくと、人に断られることにもダメージを受けにくくなります。気軽に本音を言い合えるとしたら、性格が良い人と認定されるでしょう。

性格の良さは相手に何を感じさせるか次第

性格 良くなりたい

性格が良い人とは、接する人が「この人と一緒にいたい!」と思う人。そのためには、相手に何を感じさせる人なのかが重要です。相手がどんな人なのかに興味を持って、相手を理解しましょう。そして、自分の良い所を発揮して、相手を喜ばせることを自分の喜びにできたら、「あなたのそばにいたい!」と思う人が増えるでしょう。

(大塚統子)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]