お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

2回目のデートが鍵を握る! 達人が教える婚活デートマニュアル

白戸ミフル(恋愛コラムニスト)

初デートは無事終えたものの、次の約束になかなかつながらない。これは困った事態……! 今回は婚活シーンにおける“2回目のデート”、その誘い方や場所選び、服装などの<事前ポイント>を中心に、男性心理もふまえた<2回目デートマニュアル>を、婚活の達人・白戸ミフルさんが解説します。

婚活中のみなさん、活動は順調でしょうか?

たとえ職場に出会いがなくても、合コンにマッチングアプリと出会いのきっかけは多いご時世、気になる相手と初デートにこぎつけるまでのハードルは、案外低いかもしれませんね。

しかし婚活において重要なのは、2回目以降のデート

2回目デートの誘い方、場所の決め方、当日の服装などを、“能動的な婚活”にはげむ筆者の経験則から導き出した“王道の最適解”を、筆者の周辺でリサーチした男性の意見もふまえて、ご紹介します。

女性からもどんどん誘っていこう!

まだお互いに探り探りのところに緊張も加わって、言いたいことも言えない、聞きたいことも聞けないことが多い1回目のデート。最後まで盛り上がりに欠けたまま、次の約束をせずにお別れして、それきりお誘いがない……なんてこともありますよね。

しかしこのご時世、受け身でいてはなにも始まりません! もし、もう一度会いたいなと思っているなら、ぜひあなたから誘ってみましょう。

当日に誘うのはOK!

“当日誘い”には、あまりいいイメージがないかもしれません。しかし女性から誘う場合は、かなり効果的なんです。

2回目 デート 場所

「仕事も忙しいし、先の予定を立てにくいから、当日に誘ってくれるのはありがたい!  特別気になっていない子でも、予定がなければ行くと思う」(32歳/マスコミ系)

得てして男性の多くは未来の予定を立てるのが苦手で、面倒くさく感じるもの。さらに働き盛りで多忙なアラサー男性にとって、“当日誘い”は逆にありがたい、という声も多いのです。

たとえ、今日は予定が……と断られても、「当日だったからしょうがない」と自分をなぐさめることもできますし(笑)、あるいは彼が別の日を提案してくれるかもしれません。

明確な目的をプランニング

前もって約束をする場合、明確なデートの目的(行き先)を打ち出すことを心がけましょう。その目的が、彼が興味を持ちそうな内容だとなおよし、です。

たとえば映画好きな彼ならば話題の映画に誘う、グルメな彼なら注目のレストランに誘ってみる、などです。

2回目 デート 場所

「デートのプランをおまかせされるのはちょっと面倒。やりたいことを提案してもらえると助かります」(28歳/メーカー)

合理的なタイプの男性ならなおのこと、彼が興味を持ちそうなプランを、あなたから提案してみましょう。

「知りたい、教えて」を嫌がる男性は(ほとんど)いない

2回目のデートに誘うということは、相手のことを“もっと知りたい”と思っているから。でもそれをそのまま伝えるのは恥ずかしい……という人は、彼の趣味に乗っかるカタチで「教えてほしい」とお願いしてみるのもオススメです。

スポーツ観戦やワークアウト、食べ歩きや対戦ゲームといった彼の趣味や得意分野を「私もやってみたい」「教えてほしい」と頼んでみると、高確率でデートにつながります。

2回目 デート 場所

「ローカーボダイエットに興味があって、今いろいろと調べてるから、それに興味を持ってもらえたらうれしい。最近は“オススメのトレーニングを教えて”って頼まれて、フィールサイクル・デートをしました。頼られるとやっぱり悪い気はしないです」(34歳/経営者)

たとえ1ミリも興味の持てない分野でも、彼がリラックスしてもっと打ち解けてくれる、と考えてみて。たいていの男性に備わっている“教えたい”“頼られたい”願望にアプローチしてみましょう。

次ページ:夜の食事+●●で場所を選ぼう

お役立ち情報[PR]