お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

「結婚する理由」がわからないとき。どうしたらいいの?

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

アラサーで独身でいると「なんで結婚しないの?」と理由を聞かれることはないですか? 結婚しない理由も見当たらなければ、結婚する理由もわからない……。そんな女性は増えているかもしれませんね。「結婚」をどう考えたらいいのか、文筆家のにらさわあきこさんにアドバイスをもらいました。

毎日楽しく暮らしていて、仕事もちゃんと充実していて、現状に満足しているのに、まわりからは、「どうして結婚しないの?」と聞かれてしまう……。

結婚は、いつかはしたいと思っているけれど、今すぐしたいわけじゃない。

彼はいるけれど、だからといって即結婚とは思えない……。

そんなときにはどうすればいいのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

女性が結婚しない理由

「結婚したい」と熱望する女性たちがいる一方で、「結婚したいとは思わない」という女性も多くいますよね。

彼女たちはどうして「結婚しない」「結婚したくない」と思うのでしょうか。理由を紐解いていきましょう。

結婚しない理由、結婚したくない理由

「今はまだ結婚したくない」という女性たちに話を聞いてみると、その理由にはこんなものがあるようです。

(1)仕事が充実している

今やっている仕事が充実していると「まだ結婚したくない」と思う女性が多いようです。

生活パターンが仕事中心になっていて、それを崩すイメージがわかないというケースです。

(2)家庭に収まりたくない/まだ子どもを産みたくない

(1)と似てますが、家庭に収まりたくないという人も、「まだ結婚したくない派」です。

特に女性の場合は、「結婚する=子どもを持つこと」に繋がりやすいので、「まだ子どもを持ちたくない」「子育てよりもしたいことがある」人たちも結婚に積極的ではありません。

(3)結婚相手と巡り合っていない

3つ目は「実際に結婚したい相手」と巡り合っていないケースです。

彼がいるいないにかかわらず「この人と結婚したい」と思える相手がいないと、「結婚したい」と積極的な気持ちになることは少ないようです。

結婚をためらう理由、結婚に踏み切れない理由

続いては、彼氏がいるにもかかわらず、結婚をためらう女性たちの「結婚したくない」理由を掘り下げていきましょう。

(1)家庭に収まりたくない/まだ子どもを産みたくない

先ほどの理由にも出てきましたが、「まだ家庭に収まりたくない」「子どもを産み育てるには早い」と思っていると、結婚したい気持ちにブレーキがかかるようです。

彼氏がいる場合には特に、具体的に将来を思い描くことができます。「彼は激務だし、結婚したら私が家事を主に負担しなくてはいけない」「子どもに割く時間がない」などとよりリアルに考えて、ためらうことになるようです。

(2)貯金がない

実際に彼氏がいる場合、2人の収入や金銭感覚がだいたいわかるので、結婚したいとなると具体的に必要なお金が想像できます。

結婚式はもちろん、その後の生活でも「これくらいの暮らしをするにはこれくらいかかる」とわかってきます。

そのための十分なお金がなかったり、貯金がなかったりすると「まだ結婚はいいかな」という気持ちに傾いていくのです。

(3)彼と生活するイメージがわかない

今の彼氏と結婚生活を送るイメージがわかない場合も「結婚したくない」になるでしょう。

「彼氏の収入が少ない」「生活能力がない」などがあるとよりいっそう、「結婚すると苦労しそう」という気持ちが芽生えて「結婚したくない」となるのです。

「今の暮らしよりも快適な暮らしや楽しい暮らしができそう」と思えないと、女性はどうしても結婚をためらいます。

次ページ:女性が結婚する理由

お役立ち情報[PR]